2009年06月15日

携帯から【結果追記。太田さんに会いにドームに行きました。】

CA3C0051.jpg
ライオンズのために、ファンのために、今までありがとうございました。
西武・太田副社長、最後の試合 ファン労い(サンスポ)






例によって、パソコンだめだめ。携帯からです。
昨日は変な日でしたね。
ラグビーみたいなスコアの試合が2つも。
そんな中、こちらは、なんだかわけのわからないまま引き分けました。

いや、普通に考えたら勝ってなきゃならないし、負けに等しい、みたいな言い方になるかも知れないけど、途中何回も「だめだあー」ってなったので、12回表を乗り切ったら、何回かほっとして、もう、引き分けでいいや、って、思っちゃった。

あんまりにも色々あって何書いていいのか、だけど、マクレーンに岡本が打たれたときは腹立ったなあ。
あと、中村タイムリーのあとに走者中島が誘い出されてアウトになったのは、流れ止めたと思った。

しかし、5人シフトにひっかかるとはねぇ。
あれ、なんで黒瀬だったんだろ。
若い黒瀬にあの奇策は荷が重いよなあ。

うちに帰ったらもう少し書くかも。

*************

結果追記
6/14【観戦24 13-9-2】
L 4-4 C

一番テンション上がったのは、義人の10回のヒットだなあ。

*************

気が向いたらクリックしてやってください。
blogram投票ボタン
posted by まるま at 09:43| Comment(2) | TrackBack(2) | 09交流戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

ドラマのように

6/12ファーム
L 4-3 M(球団公式)
赤田将吾は4-1
投ゴ→中飛→(以上黒滝・右投手)→遊ゴ失→右安(以上木村・左投手)

*****

「西武ドーム」(6/14将吾語録)

それは、まるでドラマのワンシーン。
一度はスポットライトの中にいた男が、苦渋をなめる。
たまたま訪れたロッカールームに聞こえるスタジアムの歓声。
スクリーンに映るのは、男の背中−−

そこで去っていくドラマもあれば、そこから這い上がり成功を収めるドラマもあるでしょう。
けれど、これは、現実。
厳しい現状を、彼自身の力で打破しなければ、先はない。

そして、ドラマと違うのは。

彼は忘れられた選手ではないこと。
スタジアムには、彼の背番号を背負ったファンがたくさんいる。

帰ってくるのを、待っているのです。
彼の力を信じて。

*****

って、ちょっとかっこつけちゃいましたね。すみません。

まずは、江藤さん通算1000得点おめでとうございます。
DH江藤と発表になったとき、カープファンからも拍手が起きてましたね。
あれかな、清原がオリに移って、うちらが拍手で迎えたのと、似たような感じかな。

【観戦23 13-9-1】
L 4-2 C(球団公式)
勝 帆足 3勝3敗 S 小野寺 2勝2敗7S
負 齊藤 4勝4敗

しかし疲れる試合でした。
ゲーム内容も応援も押されっぱなし。カープファンはすごいです。
あの23-2でもめげないんだから今日の試合でめげるわけない。
とにかく右半分まっかっか。そして、声も凄く出てる。
これがGT両チームなどだと、人数の分メガホンの音はすごいんだけど、声にそれほど脅威は感じないのです。
が、カープは違う。メガホンの上にきっちり声が乗ってくる。
そして、今日は緒方選手が出場したことで盛り上がり倍増。
ほんと…よく勝てたものです。

あの中で、耐えた帆足タソとものっそい弾丸ライナーのG.G.さんはすばらしい。
ヒロインの例のくどいアナウンサーには辟易したけど、きもてぃーでちゅーが聞けたから許してやろうw
やっぱ本家にはかなわんねww

*****

そんな、2009年6月13日の日記でした。
必ずしも日記には書いていませんが、
この日は毎年、こちらのサイトを読み返しています。

blogram投票ボタン
posted by まるま at 23:40| Comment(0) | TrackBack(1) | 09交流戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月30日

【メディア】阪神戦まとめて。

よく降りますねえ。今日の第二は当然中止なんだろうなあ。
室内覗けないかなあ…P陣がアップしてるだろうし、将吾さんの姿は望めないか。
明日の予報も昨日時点より悪くなってるし、市営大宮も厳しいのかなあ。
土日はファームに行くぞ、って意気込んでるんだけど、先週の高崎本庄は足がなくてアウト、今週は雨…ううう。もうすぐ梅雨シーズンに突入するというのに。

って、最初から激しく脱線。すみません。

5/27
T 4-1 L
勝 下柳 4勝2敗 S 藤川 1勝3敗4S
負 石井一 2勝4敗

この日の一久は、惚れ惚れするようなピッチング。
終盤やや疲れが見えないでもなかったけど、負傷降板はもったいなかった。
あの守備、一久がもっとも苦手とするところだからなあ。
試合自体は、正直、友亮のミスで流れが完璧にあっちへ。
流れを止められなかった継投陣もどうかと思うけどね。

5/28
T 4-6 L(以上球団公式)
勝 涌井 5勝2敗 S 小野寺 1勝2敗4S
負 安藤 3勝4敗

テレビの音声切って文化放送聴いてたら
「埼玉西武ライオンズの西口文也です」ってジングルが。
へ?何で今西口?って思ったら、マウンドに向かう西口さんの姿が。
これはホントに驚いた。
さらに力んでんだかなんなんだか(先発のときと変わらないとも言う)いきなり金本新井と四球連発。続く葛城は何とか打ち取ったものの、平野にクリーンヒットでつながれる。平野、気合入りまくってて、タッチしたコーチャーが痛がってて、そんな場合じゃないのにあたしゃ吹き出したよ。
ひやっひやしながら、次の狩野を見てたら、ショートゴロ。
きわどいダブルプレー!ほんっと、ギリギリ。しびれました。

この日のヒーローは友亮。前日のミスを見事に取り返しました。
お見事!ですね。正直かっこよかったわ。

あと、ひとつ注文。
もう、大ちゃきくんは右左関係なく使ってほしいよ。
今、絶好調じゃないのよ。今左ピッチャーを経験させなくていつ経験させんのよ。
正直、ものっすごく複雑な気分ではあるけど、ちゃきみたいな選手、一番好きなタイプなんだよ。
走攻守そろっててガッツがあって。

*****

お知らせ。ランキングサイトにエントリーしてみております。
気が向いたらでいいので、クリックしてやってください。
blogram投票ボタン
posted by まるま at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 09交流戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

【メディア】あんまりちゃんと見てません

L 0-3 C(球団公式)
勝 大竹 4勝1敗 S 永川 3敗13S
負 岸 6勝1敗

とまぴょんの「小野寺は永川を見習え」トークは今日も出てました@QR

帰ってきて、テレビつけた途端に栗原の2ラン。
ええ、心置きなく食事の支度いたしましたわよ。

大竹は無失点イニング驀進中ですからねえ…

今日はちゃきがよかったですねえ。
ちゃき、大好きだけど、健太スタメンのとき以上にひっじょうに複雑な気分ですわ。なべQの意図が見えるだけに。

ご飯食べたあとは、来月の予定を立てておりました。
現実逃避ここにあり。
つらい遠征ですなあ。
次は甲子園だし。

今ライオンズチャンネル見終わったところ。
小野寺のインタビューがきついよ。県営大宮のあのピッチングの前だと思うと痛すぎる。
しかも「甲子園はバッターボックスも近く感じるけど客席も近く感じるから嫌い」とか言ってるし。うー。
posted by まるま at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 09交流戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

【メディア】ブラックサンデー継続中

西口さん…前回は良かったんだけどなあ。マウンドあわなかった?

C 5-7 L(球団公式)
勝 小松 1勝 S 永川 3敗12S
負 西口 3勝2敗

NACK5の中継が21時で終わったあとは普通にJsportsの解説聞いてました。
達川さんととまぴょん。
そこでとまぴょんがこんな(ような)ことを言ってました。
「永川は自信を持って投げている。ライオンズは今小野寺が後ろを任されることが多いけど、弱気が顔に見える。中川と小野寺は同じようなタイプのピッチャー。今当然ブルペンで作ってるだろうからピッチングを見てはいないだろうけど、小野寺は永川を見て勉強するべき」。
永川はどうだろう、という話の中で、いきなりこんな話をしだしたとまぴょん。
ライオンズに在籍したことないのに、いい話してくれるなあ、と改めて思ったのでした。ありがとうとまぴょん。感謝してるならぴょんぴょんいうなよ。ありがとう笘篠賢治さん。

チャンスで決め手がなかったなあ。1回に打ち込まれたあとリードを変えた石原の勝利なのか。
今日の西口さんのコントロールじゃ、うえぽんはどうにもしようがなかったろうしなあ。

今日格好よかったのは、2者連続盗塁をさしたうえぽんのスローイングと、2イニングを完璧に抑えた星野んでした。
星野ん、これをきっかけに立ち直ってくれるといいなあ。切実に願ってます。

所沢は試合途中からひどい雷。一時スカパーが映んなくなったりしてました。
魔サンデー終わったし、交流戦、今んとこ2試合目はとってるし、明日は多分岸きゅんだよね。
何とかとってほしいもんです。頼むぜ。
posted by まるま at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 09交流戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

【観戦17 8-9】涌井さんと心中

例によって道すがら文化放送聴いてわけですが、一美がいうんですよ。
ブルペン前でキャッチボールしている涌井がやたら首をかしげてる、と。
それを受けて、解説の西本氏も、
「どこかしっくりいってないんでしょうねえ、上半身と下半身がばらばらのような」。
が、小野コーチは「可もなく不可もなく」。西本氏があきれてました。
明らかに困ってる涌井を見てそのコメントはないだろうと。
今日の涌井さんは何かがおかしかったのに、それに気づいてやれない投手コーチってどうよ、ってことですね。

L 5-15 YB(球団公式)
勝 三浦 5勝2敗
負 涌井 4勝2敗

8失点、とはいっても、みっちゃんがスリーラン食らってランナー全部返しちゃった結果ですけどね。
みっちゃんのコントロールはどうしてしまったんだろうなあ。

あと、許さんのことは許さん…とかダジャレ言ってる場合じゃないですよ許さん。
9回表のブルペン、もう、あのまま許さんが敗戦処理をして終了、って感じで、だーれも何にもしてませんでした。
だけど、あのままだと終わりそうにもなくて、あわてて改めて用意しだしたヌマはさすがにちょっと気の毒だと思った。

途中から何かもう笑っちゃってたよ。
あそこまではっきりした負けっぷりなら、明日はまた違う風が吹くでしょう。

*********

ところで私は海外ドラマとか欠片も興味ないので流し読みして気がつかなかったんですけど、mixiでお友達の日記読んでかくーん、ってなった。。
HIROって誰だよ(にがわら
…ブログ始めてずいぶんたつけど、未だに「チャンピョン」なひとだしなあ…。

まあ、野球さえちゃんとやってくれればそんなことはどうでもいいんですけどね、とほほ…
高崎本庄遠征はいろんな意味で無理なので、いらっしゃる方がいらっしゃったら(くどい日本語だなあ)、様子を教えてくださいまし。ぺこり。
posted by まるま at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 09交流戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

【観戦16 8-8】小田和正

もしくは、淀川長治。

さよなら、さよなら、サヨナラ!

…くだらなくてすみませんね。

L 2X-1 D(球団公式)
勝 野上 1勝2敗1S
負 浅尾 3勝5敗

ここで点取れなければやばい、ってとこで、粘って点が取れました。
クリのとこで、もうだめかもって思ってごめんなさい。
ナカジ格好よかった。
本当は、野上くんをロングリリーフで使うのはもったいないと思ってるんだけど、
先輩方が昨日の体たらくなんで、しょうがないですよねえ。
ライオンズの継投の救世主になってくれるといいですね。気は強そうだし。

***

ファームはシーレ戦ってことで、ここ覗いてみました。
ここはシーレファンの方が多いようで、掲示板に情報が多いのです。
見てみてよかった。
「1回表先頭の赤田のセンターへ抜ける当たりをC梶谷が好捕。」
ヒット1本損してるのね。
単に数字で凡退って聞くと凹むけど、こういう情報があると、少し気持が落ち着きます。
って、わけで、明日の朝もがんばって更新するぞ、と。
posted by まるま at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 09交流戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

【観戦15 7-8】今年も

♪どんなときもー『俺達』がーついてるぜー(相手チームに)

…えー。色んな意味ですみません。
今年も、パシフィック・リーグの足を引っ張りまくる交流戦の季節がやってまいりましたね。

L 5-7 D(球団公式)
勝 朝倉 4勝2敗 S 岩瀬 1勝1敗9S
負 大沼 1勝3敗

だからさー。「総帥」なんて幕上げるから、沼者が俺達総帥に戻っちゃうんだってばよ<八つ当たり
ここんとこ、見事なまでの『俺達』っぷりだよなもう。
じゃあ、俺達3人衆(誰のことでしょう?(苦笑))以外に誰かいるのかよ、って言われたら、誰も思い浮かばないところが重症くさい。

外野手の話はしないでおきます。絶対バイアスかかってるし。

あと。

もたもたしてるからこんなこと言われてるぜ将吾。しっかりしてくれよ、頼むぜ。
ファームについては明朝更新予定。がんばれ俺様。
posted by まるま at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 09交流戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする