2007年12月23日

M-1にしびれる

珍しく、野球以外の話。

今日は一日、家でM1三昧でした。
昼は、スカイAで敗者復活戦。
やっぱり、13時から17時までだと長くて、途中ちょっとだれたけど。
・オリラジ、全然笑えなかった。基本に忠実な漫才だったのかもしれないけど、笑えないものはしょうがない。
・勝山梶、ムーディーのコンビ。ムーディーのキャラでそこそこ笑えたけど、ちょっと弱い。
・子供コンビ、いるか?
・きんにくんはこれに出るためにコンビくんだの? 飛び道具で、まあ、笑えたけど。
・麒麟、あえていつもとパターン少し替えてきた? ボケ突込みが逆になってる部分があって、んー、って感じ。面白いんだけど。
・三拍子(ここを見てる人は別の意味で知ってる人かも知れない人たち)、正直まったく期待してなかったんだけど、思ったよりずっと面白かった。もう少し場慣れして、ラジオでも試合邪魔しない程度に、落ち着いて笑いとってください。

で、勝ち抜いたサンドウィッチマン。
麒麟やらすべってたオリラジやらが出てきたら出来レース感いなめなかったけど、彼らはかなり受けてたし、私も結構笑ってたし、納得。

で、夜、決勝。
予選の感想
笑い飯→安定はしてるけど、そろそろ飽きてきたかも、っていう。
POISON GIRLSBAND→ごめん、おいら、あわないかも。去年も今年もあんまり笑えてない。
ザブングル→うん、顔芸だね。
千鳥→今年は結構笑えました。でも、いつも印象に残らない、なぜか。
トータルテンボス→おもろいっちゃ面白いんだけど、自分で選んで好んで見ない感じ。
キングコング→すんごい勢いとテンポ。漫才ブームまたこんな感じのが流行ってきてるんでしょうか。ネタで売れたんじゃない感じがしてたので、期待してなかったけど、面白かった。
ハリセンボン→私はトータルテンボスより笑いましたけど、やっぱり女子はどうしても痛々しさがあるので、難しいです。英語でつっこみかぶせてきたとことか、相当好きです。
ダイアン→まあまあ、かなあ。
サンドウィッチマン→昼と同じネタだったけど、笑えた。勢いあるかも?→果たして、トップ通過。これはすごい。

決勝→トータルテンボス、キングコング、サンドウィッチマン
まあ、納得。好き嫌いで言えば私はトータルテンボスよりハリセンボンが好きですけど、まあ、妥当だと思う。

決勝のネタ3つ見て…
サンドウィッチマン終わった瞬間、これ、いったんちゃうん?って思いました。
結果→サンドウィッチマン4、トータルテンボス2、キングコング1。
うん。納得納得。つか、鳥肌立った。
サンドウィッチマンには、今日、神がついてたね。おめでとう!
posted by まるま at 21:36| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

M−1グランプリ王者は敗者復活から
Excerpt: そろそろこの番組も曲がり角に来ているかな、という感はある。 第七回目を迎えた漫才のM−1グランプリは、敗者復活してきたサンドウィッチマンが制した。敗者復活からの優勝は初めて。 今回は、決勝に残った..
Weblog: 虎哲徒然日記
Tracked: 2007-12-30 10:21