2016年08月06日

つながった

まったく、勝った試合に限って見てないし(美容院に行ってました)。
ラジオ聞きながら、うわ何こんなの何時ぶり?とか思ってたら美容院についちゃって。
途中パテレ見たりしましたけどね。
2回表はパテレのイニング動画であとから見たりもしましたけどね。

なので、色々書けないので、私が道端で泣けてきてたまらんかったやつを書き起こして今日はおしまいにしとく。
あんまりおおっぴらにはアレなのかもだけど、当の本人が録音音声リツイートしてたしな。


ブログランキングならblogram にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村




2016.8.5 文化放送ライオンズナイター 斉藤一美の前口上。

頼む、勝ってくれ。
お願いだから、勝ってくれ。
どうしたんだ、早く勝ってくれ、なぜ、勝ってくれない。
そうか、声援が足りないのか。ヒッティングマーチを歌うくらいではもはや生ぬるいということか。
…おそらく、こういった想いを束ねたからこそ、
夕べの8回の裏、西武プリンスドームでファンの皆さんは、
「気合をいれろ!ライオンズ!」
という、シュプレヒコールの波を起こすに至ったのでしょう。
そして、9回裏、我らがホームに集いし愛すべき同志たちは、
ランナーが一人も出ていない中、
力の限り、チャンステーマ4を叫び続け、
今自分にできる最善をつくすことの尊さを知らしめました。
若獅子信者の彼らの声を、諸行無常の響きにしてはいけません。
決意のもとで袖を通したユニフォームを彩るエメラルドグリーンを、
沙羅双樹の花の色に染めてはならないのです。
これだけの屈辱にまみれた日々が、夏の夜の夢だったと、
笑って振り返るときが、早く、訪れないものでしょうか。
こんなライオンズ見たことがありません。
でも、決して目を背けるべきではないでしょう。
これは、黄金時代再来に向けた、産みの苦しみなのです。
そうでなければいけません。
まずは、いつのまにやら染み付いてしまった負け癖を拭い去りましょう。
勝利の味を忘れかけたおよそ二ヶ月もの間、
戦いの和へと加われなかった者に、その命運は託されます。
生涯の伴侶を得て、幸せに包まれた男が、ついに帰ってきました。
パ・リーグ聞こうぜ日本一やんちゃな野球中継文化放送ライオンズナイター
不撓不屈の一番星、菊池雄星登板ゲーム。
手拍子の都、コボスタ宮城から、楽天西武18回戦。スターティングラインナップをご紹介しましょう。



posted by まるま at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | vs.イーグルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。