2015年03月25日

【埼玉西武ライオンズ】i believe lions.【回顧企画2014】結果発表その4

まじめな項目は、ここがラスト。

aコース !ライオンズファンの方へ!
12)ライオンズ以外で今シーズン頑張ったと思うチーム・選手を教えてください(各1)。

チーム。ちょっとびっくり?いや、当然?

第1位(13票)
オリックス・バファローズ
圧倒的でした。リーグ優勝を逃したにもかかわらず。
それだけ、「伏兵現る」の印象が強かったのでしょう。
この結果によって、酔って?
オリさんのフロントは本気の補強をやらかしました。
お金かけた、というより、うちの邪魔をした、という印象の方が強いですが、
それも戦略だと思いますが。

第2位(各2票)
広島東洋カープ
福岡ソフトバンクホークス

成績だけではなく色んな意味で「ブレイク」したカープ。
来年は更に楽しみですねえ。黒田帰還なんていうスペシャルサプライズもあるし。
ホークスはあのその、当たり前すぎて今更頑張ったとかそういう問題でもなかったのか?

第4位(各1票)
阪神タイガース
讀賣巨人軍
説明する必要もない気もします。
でも、強くて当たり前な、気もします。


選手
第1位(3票)
金子千尋(Bs)
田中将大が旅立ったあと、NPBでは別格の存在感。
絶対移籍すると思ってたんですが、移籍交渉中に肘の故障が発覚したのがネックだったのか、結局はオリックス残留。
開幕は回避になりましたが、今年も脅威になりそうです。

各2票
大谷翔平(F)
柳田悠岐(H)
伊藤光(Bs)
菊池涼介(C)

10勝10HRの大谷、大ブレイクを果たしたギータ、チーム躍進を扇の要で支えた伊藤くん、そして文字通りの「華麗な」守備で全国区に躍り出た菊池。
いずれも素晴らしい活躍でした。

各1票
山田哲人(S)
中島卓也
赤田将吾(以上F)

三浦大輔(De)
ペーニャ
佐藤達也
T−岡田(以上Bs)

大隣憲司(H)

右打席最多安打の山田、恐怖の二番打者中島、存在感を示したベテラン番長三浦。デホが抜けた後の大砲として存在感を示したペーニャ、球界屈指のセットアッパーに成長した佐藤達也、復活を大いにアピールしたT、難病を克服し終盤の勝利に大きく貢献した大隣。いずれも、もっと票を集めてもいい選手ばかりです。
将吾に関しては客観的に判断できないです。もちろん頑張ってないわけないんだけども。

13)来期、脅威を感じるチーム、選手を教えてください(各1)

第1位(10票)
オリックス・バファローズ
例年この設問で圧倒的な強さを見せるホークスを振りきってオリが1位。
昨年の躍進とオフの大型補強に加え、大エース金子千尋も残留。
やはり、今年一番の脅威でしょう。
でも、こういう「なりふり構わぬ大補強」はどっちに転ぶかわからないのも野球の奥深さだと、わたくしは思っておりますです。

第2位(6票)
福岡ソフトバンクホークス
そうは言っても、やはりホークスも脅威。

というか、何をどう見てもこの上位2チームが抜けているという評価は変わらないと思いますしね。
私、スポーツ大将に夢中になっててサンデースポーツのパリーグ企画を見逃すという失態を犯したわけですが、それに出てたまっきー会長が何でもうちは3位くらいだと言ったとか何とか。伝聞なので論評は避けますが、そのくらいこの2チームが抜けている、事実上の2強4弱であると言っても過言ではないでしょう。
けど、どんな素晴らしい選手だって、最初はいちルーキー。
どこにどんな逸材がいるかわからないし、ブレイクを果たす選手が何人いるかで全く変わっても来るわけで。
なんとか潰したいですね、上位チーム。
下位でつぶしあって3位滑りこみを狙うんじゃなく、4チームが4チームそれぞれでこの2チームを叩けたら、面白いしーずんになるんじゃないかと思ってます。

他、ファイターズが2票、パ全球団という方がお一人、そして「セではカープ」という方がお一人でした。
ファイターズは若手が力をつけてきていますので、上手くハマれば突っ走る可能性は高そうです。

14)あなたはどのチームのファンですか?

マリーンズファンが3名様
ファイターズファンが2名様
ベイスターズファンホークスファンが各1名様
でした。
ありがとうございます。


15)来期のライオンズの脅威度を数字にすると、何%くらい?

平均60%。

…どう捉えていいか判りづらい数字ではあります。
「どうせ金満球団にはかなわない」とやさぐれていたあなた。お互い頑張りましょうよう(涙


ブログランキングならblogram にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
posted by まるま at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧企画2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック