2013年08月08日

胸が痛い

10回表。何が何でも小谷野で止めてくれ、と思ってた。止めてくれた。ワク、ありがとう。
そして1000奪三振おめでとう。

10回裏、どうしてもここで決めて欲しかった。
びっきーに阻まれてしまった。

11回表。
正直、すごく、辛かった。
赤田将吾は絶対に塁に出る。それはもう、確信に近かった。
古巣相手にはこれ以上ないくらい強い人だ。まして、只今絶好調。あの、スター大谷をついに押しのけてスタメンに名を連ねるところまできてる。こんなの、ライオンズにいた頃以来だと思う。
しかも、絶好のチャンスでサヨナラできなかった以上、流れを手放したも同然。

サードへの鋭い当たり。
それでも、将吾と同じくどのチームに行っても愛され続ける男、渡辺直人は、必死のプレーで捕球する。
が、仮に送球がそれなくても、あれは内野安打だっただろう。

最終的には、スター選手たる陽岱鋼が決めて、ファイターズが勝ったのだけれども。
将吾が出塁した時点で勝負あったのかな、と思ってる。
一久は、あそこではなく、まっすーが投げた場面で投げるべきだった。
あそこでまっすーだったのが間違ってたわけではないけれど、まっすーは、少し、自信を失いかけている。
一久は、作り始めてから投げるまでに時間が開きすぎた。
それも、結果論ではあるけれど。

誰を責めることもできない敗戦は、ストレス度が高い。
正直、今の時期に勝てないのではどう追走していいのかわからない。
西口さんは良かったんだ。あそこまでやってくれれば、十分だ。

11回表の交代時、タイムリーを打った陽岱鋼を全開の笑顔で称える将吾。
あれを見た時の気持を、どう表現したらいいのだろう。
なんで、この人が、ライオンズにいないのだろう。
それが、切なくて仕方なかった。

そんな私の気持なんてどうでもいいから、赤田将吾さんにおかれましては、どんどこどんどこ活躍して、ファイターズに自分の居場所をしっかり作って欲しい。
もう大谷のフォロー役だなんて言わせない。
最後までその場所を譲ることなく、ファイターズを上位に導いてください。

そしてライオンズ。
お前ら、諦めんなよ。
うちらも諦めないからな。
かめちゃんも西口さんもいいピッチングをした。週末に投げる牧やん岸くんは信頼できる。
勝てるんだぞ。
負けるイメージなんかもつんじゃねーぞ。

私が次に西武ドームに行くのは、おそらく9月17日。
そのときまで、きっちり首位争いしててください。できるでしょ?
信じてるからね。

*******

ここんとこちょっと更新できてなくてすみませんでした。
ちょっとメンタルやられると、止まっちゃうんだよね。いや、大したことじゃないんだけども。
また、ぼちぼちやってくんで、よろしくっす。

ブログランキングならblogram にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村


posted by まるま at 23:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 赤田将吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様です。
また、ぼちぼちとお願いします。(笑)
Posted by M・K at 2013年08月10日 01:27
>M・Kさん
ぼちぼち過ぎてぜんぜんコメント返せなくてすみません
Posted by まるま at 2013年08月17日 12:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。