2012年06月23日

明日なんて知らない

リーグ戦再開初戦は、引き分けでした。
今の決め手を欠く打線では、やむを得ないのかも知れません。
ゲッツー王子が出現したときはさすがに凹みましたが…。
でも、星秀和の三塁打の打球の美しさには、ちょっと鳥肌が立ちました。本当に美しい球道だった。
あれを返してあげて欲しかったよ片栗よ。

ラジオでわざわざ言うくらいだから、主審敷田の可変っぷりはよっぽどだったんでしょう。
途中から見てたオイラもちょっとおいおいって思ったし。
雨の足元にも苦しんだ一久…いつもは援護貰い王なんだし、今日はこらえて下さい。ごめんね。

そしてもちろん今日は、どうしても会いたい選手がいたんですよ。
言うまでもないですよね。
競った展開でしたし、絶対に出てくると思いました。

ライオンズのエース、涌井秀章。

後ろが厳しい状況で、本人の状態もあって、後ろで活躍するはずでした。
チーム事情もあるし、先発では結果出せないでいたけど、ワクなら、きっと、後ろで何とかしてくれる。
だって、涌井秀章だもの。
松坂が去ったあとのライオンズ投手陣を背負って立ってた、涌井秀章だもの。

けど、何だかよくわからない、しようもないことに足をつっこんでしまって、チームを離れざるを得なくなってしまった。
本人に責任がないとは言わないけれど、不透明な部分が多すぎて、何でこうなってしまったか判らない。
ワクにとっての、悔しくて、悲しくて、辛い一ヶ月。

色んな意味で特別、と、語ったそうです。
出てきた瞬間から、涌井コールが止まりませんでした。
そんなワクが選んだ登場曲が、
Mr.Childrenの「Tomorrow never knows」でした。
今のワクに「明日なんて知らない、明日なんて判らないんだよ」って言われたら、反論できない。
けど、「果てしない闇の向こうに手を伸ばそう」としてるのだとしたら…。

必死で、涙をこらえて、ワクのピッチングを見ていました。
緊張もあったのかも知れません。審判の問題かも知れませんが、当たったバッターで一番やばそうだった大引には、四球を与えてしまいました。
けど、他は、問題のないピッチングでした。
「ワクに勝ちをやってくれよ!」
そう思って見ていましたが、叶いませんでした。

でも、今日はあっちゃんもいいピッチングだったし、相手はもともと後ろのピッチャーがいいチームだし。
いい試合ができたんじゃないかと、思いは、します。

少しくらいはみ出したっていいから、夢を見せてください涌井さん。
明日のことなんて判んないけど、涌井さんと一緒に、夢を描きたい、そう思って、これからも球場で、涌井さんに声援を送りますよ。


ラベル:涌井秀章
posted by まるま at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | vs.オリックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。