2012年05月13日

あsdfghjっkl;:」ーーーーー!

えと、文字化けじゃないです。
終わった瞬間出た声を表現するとこんな感じ。文字にならない声。
あんまりすごいんで久々にスコア貼ってみる。

終わったあとに言っても仕方ないことですが、涌井さんの1球目を見た瞬間、
ほんのちょっとですが、ヤな感じがしたんです。
なんだろう、気がないっていうか、ただ投げてる球っていうか。高めのボール球なんだけど。
いや気のせいだろうとか何とか思う間もなく、あっという間に大ピンチ。
完全に、悪い方の、今季先発で一勝もできてない涌井さんそのものでした。
最後の2つのアウト、おかわりさんのファインプレーだと思いますよ。結構難しい打球でしたし。
心配だなあ涌井さん。ほんとに、肘、痛くないの?

一久はあのコンディションの中大崩れすることもなくよく投げたと思います。
ホームランは余計だとしても、9−1からのソロ2つなら普通問題にするようなところではないでしょう。
ほんと、負けなくてよかった。あれで負けたら「俺もうこんなチームやだ」って言っても仕方ないと思うよ。

コンディションの悪い中、精神力が強いとはいえ、まだ経験の浅い斎藤佑樹が周りのバタバタも含めて、飲まれた感じで崩れました。
その時点で大量得点を喜びつつも、同じことはライオンズにも起こりうる、と思ってたけども、それにしたって…。
チーム事情に振り回されているとはいえ、のがみんのピッチングはちょっと…だし、ランディーは何でおまい最初からそのピッチングができんのだ?!っつう、「人のランナーだけ返し」炸裂させるし…あああ頭が痛い。
あと、土のグランドでの、原ちゃんがねえ。
あれじゃ今日はスタメンに使ってもらえないかもなあ…。ただ、走塁ミスに関しては、バントしようとしてたヤスのひくひかないがかなり中途半端だったので、そこまで原ちゃんが悪いとは思わないんだけど。

終わった瞬間の監督の笑顔が何かちょっとやだった。まあ、私の中での監督不信がすでにMAXだからかも知れないけど、監督として勝ったからって笑ってていい試合ではないと思うんだけど。
コメント見ても、涌井さんの話を精神論で片付けようとしてる感じがするし…。
あんなコントロール効かないピッチングしてるのを精神論で済ますんだ?
他の中継ぎpだったら逆転負けしてたってか?
何だかなあもう。

とにかく、負けなかった。
選手は夜景なんぞを楽しみに言ってたようですし、気分転換して、いい試合を見せてください。
相手にもいえることだけど、函館のお客さんはたまにしかプロのプレーを見られないんだから、
みんなが「これぞプロだ!」って感心するような、格好いいプレーを見せてくださいよ。頼みますよ。
posted by まるま at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | vs.ファイターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック