2011年08月04日

アスリートという存在

松本山雅FC・松田直樹選手が亡くなった、というニュースを知ったのは、お昼休みが終わろうとして、Twitter落とそうとした瞬間のタイムラインでした。
一報がフジテレビの速報だったので、「フジのやらかしであってくれ」と思いましたがその後続々と速報が…。

サッカーは代表の試合を見るくらいです。
でも、松田選手のことはそれなりに知ってました。
なんといっても、2002日韓WCの日本チームを代表するディフェンダーですから。
愛するマリノスを唐突にクビになって、どうしてもサッカー続けたくて松本山雅というチームを選んだ、ということも、知っていました。

第一報は、やっぱりTwitterでした。
TLには野球とサッカーを両方愛するフォロアーさんが結構いらっしゃいます。
お昼休みにTwitter開いたら、松田倒れる、の報が。
え?松田ってあのマリノスにいた松田? 何それ?! って。
どうやら、現場にいたサポーターがTwitterや2ちゃんに書き込んだのが最初のようですね。
ガセかデマ?みたいな話から、地元長野のテレビの速報にでた、という話になり。

え、いや、ちょっと待ってよ。松田?そんなわけないじゃん?
カズコンやらより一世代確実に若い、あの松田だよね?と、混乱。

未だに、信じられないです。

さほど思い入れがあったわけでもないのに、ショック受けてるのは何でだろう。
確かに私は情報に感化されやすいたちだけど、それにしても…と思ってんですが。

それは、彼が現役アスリートだったから、だと、思うんです。

「俺、サッカー好きなんっすよ!」
一切飾らず、そう語った彼の、その、競技に掛ける情熱が伝わってきてるから、なんですよね。

伊良部のときに、あんまり詳しく書かなかったのは、彼の死についてわからないことが多くて「自殺」っていう報道が真実かどうか、今も判らないから、なんだけど。
野球を愛して野球に突き進んでた彼の死も本当に切なかった。自分と同世代だし。

けど、松田って、34歳だよ。
あたしなんかより9つも下なんだよ。
若いチームを豊富な経験で一生懸命強くしようとしてたんだよ。自分の背中を見せて。
何でこんな形で死んじゃうんだよ。

アスリートという存在は、私にとって永遠のあこがれ。
希望を与え続けていてほしい、まばゆいばかりの存在。

ただただ、切ない。

ご冥福を、心より、お祈り致します。
posted by まるま at 23:03| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

8/4 【訃報】(元日本代表・マリノス:現松本山雅)松田直樹選手(34)〜虎と☆まで喪に服す?
Excerpt: 昼過ぎに同僚から聞いて改めてネットを確認すると、残念!無念!松田直樹(>_<) まずは慎んでお悔やみ申し上げます。 それ以上の気のきいた追悼の言葉が思い浮かばないので、..
Weblog: ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2
Tracked: 2011-08-05 06:55

元サッカー日本代表、松田直樹が急死
Excerpt: 日本フットボールリーグ(JFL)の松本山雅(長野県松本市)によると、練習中に急性心筋梗塞(こうそく)で倒れ、意識不明の状態だった元日本代表の松田直樹選手(34)は4日 ...
Weblog: 虎哲徒然日記
Tracked: 2011-08-05 19:16