2011年02月21日

紅白戦その2

いやー、達也ってばやっぱ何かもってるんですかね。

斎藤沢村が登板回避(その後ハムは練習試合中止)他に目立ったニュースもなく、各スポニュでもがっつり。
私何故かその時間帯異様に眠くて、1回はそれでも何とか見てたけど、2回なんか目が開かなくて何も見れてなかったんで、スポニュありがたい限りです。
そこそこ、いいピッチングだったみたいでよかった。

雄星はさんざん。
何か、いいいいっていうから、過剰に期待してたのかも。投げられるってだけでいいいいゆってたのねーっていう。
今日の論調も、ちゃんと投げられてるからいい、みたいな感じで。
戦力として考えるのは、まだ先でいいんじゃないかなと。

達也に関しては、若い人ほど抑えでいこうよ、っていう気がするのよね。
年配の人ほど、せっかくいい素材なんだから先発適性見極めてからにしようよっていう。
野球に対する考え方の違いかなあ。
野球を表面でしか見られないわたくしとしては、あのストレートならやっぱおさえじゃね?って思うけど。

つか、今日のポイントってその二人おわったあとじゃね?っていう。
ピッチャーメロメロ、特に期待されてるキムがほんとに話にならないくらいメロメロ。のがみんも、相変らず、期待しきれない内容。
守備ではなかじがどうも新しい球にフィットできてないし、走塁ミスが出たとこで守備ミスとかあるし、ちょっとぐったり。
そんな中での光明は、なんといっても中崎雄太(さきは旧字)の好投なのではないかと。
くだくだっぷりに暗くなってた雰囲気が、あれでちょっと変わったもんね。
キムがぜんぜんまとめられてないのとは対象的。

星野んと弥太郎は、それなりに結果出してました。

2日間見てていい野手っていうと、斉藤彰吾かな。きちんと結果出してた。チャンスをモノにしようと必死な感じがいいね。
秋山翔吾のポテンシャルも楽しみ。
あさむーはやっぱりバッティングがキモティー。
はらたくのスクイズもよかったね。
久も十分やってくれそう。
何気にG.G.さんもよくなりつつある?

結論。
投手はやっぱり不安が残るけど、野手は、万一片栗が間に合わなくても、フォローしてくれる子がいそうだな、って思う。

来週から他球団との実戦も始まるし、いよいよだなあ、って思うよね。

なーんも考えずに、野球のことに没頭して、楽しいシーズンであれば、いいなあ。


posted by まるま at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 埼玉西武ライオンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。