2010年04月09日

思い知る

背中にがっつり「LIONS」って入ったパーカー着て、
1塁側内野自由の一番指定よりな敵味方混在場所で、
けっこう崖っぷちで是非勝って欲しい西口さんから、
赤田将吾が逆転タイムリーを打った瞬間、
思いっきり本気で喜んでしまった。

10回、坂口が2ベース。
ここで送られると1点勝負の試合ではかなりやばいのにもかかわらず、
きっちり1回でバントを決めた瞬間も、やっぱり拍手してしまった。

どこまでいっても、あかだばか、だなあ、と激しく自覚。
だって、あのタイムリーの時のガッツポーズ!
嬉しかったよ、めっちゃくちゃ。

しかし、後藤光尊さんや。
きみは所沢の将吾ファンになんか恨みでもあるのか。

将吾が古巣で逆転タイムリー。このまま勝ったらお立ち台。
複雑だけどやっぱうれしい、ってとこで、やらかしてくれて同点。
そんで、自分でヒット打って勝ち越し、って。
これでヒロインとかだったらぶっ飛ばすぞこの野郎(←がっらわるー)、とか思ってたら、三者連続三振のレスターでした。
これがオリファンだったら「ごっつ取り返した!」って喜ぶんでしょうけど、やっぱり私は単なるあかだばか、なのですねえ。

まあもっとも、その前の回にチャンスで凡退してるわけで、あそこで打ってたらヒーローインタビュー確実だったわけですから、
結局本人がもってな…おっと危ない、これ言いすぎちゃってどんどん現実になってる気がするからやめとこう<殆ど言ってるし

でも、西口さんに勝ってほしかったのも、
例え将吾のヒロインがなくなってもナカジやおかわりさんにひっくり返してほしかったのも事実。
帰り、あんまり嬉しくなかったのも、事実。

そして、10回裏の守備に就く将吾が、坂口たちと肘でタッチし合ってるとこや、試合が終わってハイタッチで引き揚げてくるとことか見て、
ああ、やっぱ、オリの選手なんだよなあ、って、今更思って、何か胸が痛かったんだよな。

トレードってのは、辛いもんだなあ、やっぱり。

ちょ、おま、それおもっきし「Lions」ってロゴ入ってんじゃん!いいのか?!www参照@小野寺ブログ

*****追記4/12
4/8【観戦6 3−3】【オリックス観戦5】
L 4−5 Bs
勝 平野 1勝
S レスター 3S
負 シコースキー 2敗4S

赤田将吾→二ゴ・遊ゴ・中安・捕邪飛・一犠 .188


posted by まるま at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 赤田将吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。