2010年03月28日

【ファーム観戦】厳しい…

L 5-11 SR

ちょっとわけありで遅刻。
私がついた時には許さんはもう降板してました。
見ていた方によると、立ち上がり以外はよかったので、やっぱり6人目で行くだろう、とのこと。

で、通路を歩いてる時にげっちゅやらかしで1点。
席についた途端、たけくまーがグラスラを食らうという…。
相手左だしなあ。厳しいなあ…。
その裏、この日3安打と格が違う平尾ちゃんきっかけで1点返し、6回裏には、平尾ちゃんと斉藤くんのヒットでランナーためて、出ました、健太の3ラン!
…が、7回表、ルーキー岡本洋介、セットになるとさっぱりで、高森にスリーラン返しを食らうのでした。
あと、この日すんごかったのが、小野寺大先生。
ルーキー筒香を速球で三球三振に射止めると、新沼も三振。さらに高森も詰まったファーストライナー。
8球しか投げてない。ボール球0。すごすぎ。笑っちゃうくらい。
それが上で出来りゃなあ…。

でもこの日一番良かったのはレオ様ではないかと。
5回終了時には、今年のFCバッグにゴムボールをいっぱい入れて、自慢の肩で大盤振る舞い。
7裏では、手にハンドスピーカーをもってファンを煽る(写真撮ろうと思ったけど人がかぶっちゃって失敗…)。
とっても素敵でした☆

*****

さて、そんなファームの試合が終わったちょうどその頃、
仙台でも試合に大きな動きが。
すなわち、ふくもる大炎上。

【結果のみ】
E 4-6 L(以上ライオンズ公式)
勝 涌井 2勝
S シコースキー 2S
負 福盛 2敗

まあ、福盛が多分良くなかったんでしょうが、湿りがちだった打線に当たりが出てよかったなあ、と思います。
あと、調子がいま一つ上がってこない涌井さんがちょっと心配だけど、とりあえず2勝しましたからね。
ここから上がっていってほしいなと、思います。

*****

パには、2連勝をあげた投手がもうひとり。即ち、今や絶対的なエースとして君臨する、杉内俊哉。
千尋ちゃん、揺さぶられて崩されちゃったみたいですね。(オリックス公式)
将吾さんは、からさん、四球、からさん、からさん、センター前で、打率は少し上がったんですが…本人いわくやらかしもあったみたいだし、気になるのはこの三振の多さ。現在パリーグ2位。
あの、キムテギュンとかブラウンとかと一緒ってのはちょっと…1位のT−岡田だって大きいの狙う人でしょ?
も少しなんとかならんかなあ…。

今日はおうちの行事で下も行けません。すべてテキストチェック。ちょっとさみしいなあ。


posted by まるま at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 埼玉西武ライオンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。