2008年10月07日

涙雨

ぼんやりと、EH戦を見てました。

12回裏の豪雨。惜別の、涙雨。

E 1X-0 H(ニッカン式スコア)

勝 佐竹 2勝
負 馬原 2敗11S

杉内と田中の投げ合い。両方よかったようだけど、拙攻もあったみたいな。
松中がプレッシャーに弱いところを前面に出してたような。
まあ、ぼんやりと見てたのであんまり詳しく語れないけど。

一番見てたのは、王さんの顔。やっぱり、「やつれ」が隠せない。
いっぱいいっぱい、だったのでしょう。

結局、ホークスは、最下位。
この結果には結構意表をつかれました。
というか、今期のパリーグを一言でいうなら「下克上」ですものね。

最後にノムさんが贈る花束、ひまわりと月見草?なんてネタも出てたけど、
ソフトバンクホークスのイメージカラー、黄色でまとめた、鮮やかなものでした。

監督と握手を交わすホークスナインには、「無念」という表情がにじみ出ていました。

王貞治監督、
あなたは、日本の野球界におけるスターであると同時に、
讀賣巨人軍出身の生え抜きのスターでありながら、讀賣一極体制だったNPBの常識を壊した、貢献者でもありました。

そして、私にとっては、一生記憶に残る、本当のスター選手でもありました。

これからも、日本の野球界に力を貸してください。
本当にありがとうございました。お疲れ様でした。


posted by まるま at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。