2008年08月24日

お疲れ様でした。

西武がメンタルケア GG佐藤DH佐藤に?(スポニチ)

五輪が終わろうとしています。
野球代表は4位。事前に危惧されていたことがそのまま形になってしまったような結果でした。
触れるつもりはないけれど、あまりに胸が痛いので…。
メダルが取れなかったことではなく、
G.G.さんが、辛い思いをしてしまったことが。

もちろん、エラーは彼本人の責任、受け止めなければならないことです。
打撃が振るわなかったのも、彼本人の問題です。
けれど、まったく異なった環境、おそらく殆ど守ったことの無いポジション…周りが思う以上に、彼の受けたプレッシャーが大きなものだったと思います。

今回、どうして、外野手の選考が4人だったのか。
しかも、森野は病み上がりでフル出場が望めない状況。
青木はセンター、稲葉はライトなのだから、レフトのレギュラー選手をもう一人連れて行くべきではなかったのか。
不思議でなりません。

それ以外にも、無理な使い方をしてひどく打たれてしまった岩瀬、
フル回転を強いられた成瀬や川上、
なぜか干された形のダルビッシュ、
温存したまま終わったような上原。

納得のいかないことだらけです。
勝敗はどうでもいいけど、選手の心に深い傷を残したことは、今回の首脳陣の最大の罪ではないでしょうか。

G.G.さん、ナカジ、ワク、そして全ての代表選手の皆さん、本当にお疲れ様でした。
どうか、元気で帰ってきてください。
そして、ペナントは終盤。どちらのリーグも、クライマックス出場権レースが熾烈になっています。
思う存分、日本で力を発揮してください。

私は、ナカジの「やってるで!」っていう元気な声が聞きたい。人を食ったようなワクのヒーローインタビューが聞きたい。G.G.の心からの「きもてぃー!!」が聞きたい、です。
球場で心からの声援と拍手を。
彼等が戻ってくる、8/26は、なるはやで球場に向かいますよ。
posted by まるま at 12:48| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

日本2−6韓国〜順当な結果〜
Excerpt: 五輪にふれる記事の中でも、野球の話題は意図的に小さくしていた。 それは野球界にとって重要なのはWBCだと考えているし、また今回の代表編成にあたってもいろんな不備がみえたので、なかなか難しいだろうと考..
Weblog: 虎哲徒然日記
Tracked: 2008-08-25 11:03