2014年05月09日

うちの子なんだから本格的に嫌いにはなりたくないんだよ。

GW最終日に気持のいい勝ち方をしてから2日間試合がなく、皆さんいかがお過ごしだったでしょうか。
わたくしは、ひたすらダラダラしておりました。
いや、単なる失業者ですので、仕事は随時探しておりますがね。
ネットに出てくるような情報って、いいなあって思っても年齢で切られるようなイメージ…年齢書いてくれるといいんだけど。法律に謳われる建前のせいで本音が見えないのはめんどくさいですね。

なんて個人情報はこのくらいにして。

金子侑司っていつの間に評判落としたんでしょうね?

…ってとこから書き出したら盛大なdisりブログになっちゃったので一旦やり直し。
いや、自分は彼に対して正直あまりいい印象を持っていないけども、みんなはそうでもないのかな、まだ2年目だし、ルックスいいし、期待度高いのかな、って思ってたんですが…。
結構周り見てても彼に対して否定的な意見が多いんですね。
結局打てない守れない、じゃ、仕方ないのか。
ポジションを争ってるのが、バッティングはまだまだだけど守備では頭抜けてる永江くんであるとか、根性一直線でチームに居場所を作ったオニ(怪我しちゃったけどさ)とか、球界一・二の人望を誇る直人とか、移籍後すぐにそれなりの結果を出してる脇谷とかだったりするからなあ。永江くんはともかく他の三人は、生え抜きで出来る人が少ない「ピッチャーへの声掛け」が出来る人材でもあったりするし。
こういう人たちを差し置いて監督が「開幕ショートは金子」って言っちゃったのも、反感買った理由かもしれないし、それは本人の責任じゃないから気の毒かも知れないけどね。

自分のとこの選手ですから、こんなところで終わらずに、成長して欲しいもんですが…、彼自身にどの位危機感があるのか、そこらへんがポイントだと思うんですよ。
スイッチ封じられて調子崩してるなら、やっぱりやらせてくれって自主的に言ってもいいと思うし。
スマートで格好いい俺、から脱却しないと。
泥臭く這い上がるところを見せれば、ファンの見方も変わります。

って、最初は試合の話をするつもりだったんだけど、最近気になってることをつい書いてしまった。
個人的には、ショートオニちゃんサード直人、が現メンバーでの理想。おかわりさんがファースト、っていう前提でだけど。おにちゃん、第二での目撃情報はちらほら出てるけど、まだ試合って話は聞かないんだよな。
早く帰ってきて欲しいけどなあ。
今の一軍だと日替わりになるのはやむを得ないでしょうねえ。
おかわりさん、疲れがたまってるってことでDHだったみたいだけど、2日休んでファースト守ってくれるかなあ。
1塁ちゃきとかいうトンデモシフトはもう見たくないぞ。

ブログランキングならblogram にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村


posted by まるま at 09:17| Comment(3) | TrackBack(0) | 埼玉西武ライオンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月06日

混んでたから

混んでると、お手洗いとかにも困るじゃないですか。
なもんで、ちょっとでももよおしたらすぐ並ばないと大変じゃないですか。
そんなこんなでクリーンアップ2回見逃してましてね。
いいんだか悪いんだかよく判らなかったですよ。
わかったのは、牧田和久本来のピッチングがまるで出来てなかったこと。
人間なので好不調の波はあって当然ですが、一ついいことがあるとこれだもんなあ。
直人やくましが一生懸命フォローしてもおっつかなかった。
コントロールがアウトじゃ、どうしようもないんだよねまきやんの場合。

武井壮はいい肩してましたよ。あの肩だけでもライオンズに欲しいくらい。

梅ちゃんの初打席は盛り上がりました。
あんな沢山のお客さんの中で初打席デビュー出来た。
初球を惜しいライトフライだったけど、その気持いい打球には夢があった。
直後、大拍手。梅ちゃん、プロデビューおめでとう。

そんでもって、なんだか知らないけど川井貴志には苦手意識があんだよな。
案の定まるっきりダメ子ちゃん。
おかわりさんの最初の打席なんかは、ひっさしぶりに振らせてもらえる、的な豪快なスイングしてましたけどねえ。
散発4安打得点なし。この日試合見たメヒアさんはどう思っただろうなあ。
これなら活躍のしがいがある、と思ってくれてたらいいんだけど。

…書くことに困るような負け方。
次に繋がる何もないんだもんな。

てことで、ライオンズと全然関係ないんだけど。
このひどい使い回し感どうにかしろw

ブログランキングならblogram にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
posted by まるま at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | vs.イーグルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月05日

救世主、米野智人。

昨日はですね、散々迷った挙句時間がなくなって、まあ森くん見たいし、と西武ドームへ。
森くんは相変わらず夢のある打球を飛ばします。
行けば1日1回はそういうのが見れるんで(まあ、たまたまなんだろうけど)、見に行く甲斐があるんだよなあ。
昨日も、右方向にすんばらしい打球を飛ばしておりました。
今年は下で教育、と自分に言い聞かせておりますが、やっぱ上で見たくなるのが心情ってもんですな。
アグー山川も初めて見たけど、昨日に関しては特筆事項なし、という感じ。
ラブリーがタイムリーを含む二安打で、わたくしとしては溜飲が下がった思い。
移籍同世代3人組(直人・ひちょり・ラブリー)にはホント頑張って欲しいのです。
いや、うえぽん(同い年の生え抜き)ももちろん頑張って欲しいけどさ。
で、リードしてたんだけども。
中崎兄ちゃん→福倉くんといい流れで来てた投手陣が、公式戦がどうやら久しぶりらしい前川くんの登板からちょっとおかしくなる。
っていうか、この回からファーストに入った星孝さんの見たこともないような酷いトスでおかしくなっちゃった。星孝さん、お誕生日なのに…。
ランナーたっぷり残して降板。
そしてその後投げた宮田くんがもう、目も当てられず。
この回一気に6失点。ああ、まあ、同じチームだもの、同じような負け方するやねえ…。

そんなことを思ってたんですが、ツイッターで追っかけるに、どうも上は今年あまりないような、点の取り合いのシーソーゲーム。
かめちゃんがホームラン打たれて2点差で今年まだ無失点の西野だってのに、何か攻めてるぞおい。
パテレに上手く入れなくて、テキストで追っかけるしかなかったんだけど。
打席は本日大活躍らしいヨネ。
そこで、このツイート。




直後、ホントにタイムリー!
ヨネといえば、一美。一美といえば、ヨネのあのグラスラ
一美が打たせたと言っても過言ではない!(過言です)
テンションアゲアゲ(だけど、表情には出せない)で、秋津を歩く。
と、もしかしたら連休中は日曜でも営業?って思ってた、秋津のオアシス・なべちゃんが営業してる。
おお、これは続きが見られる、と思って飛び込んだ途端、銀の勝ち越しタイムリー!
思わずその場の常連さんとそのままハイタッチして、「あれいつの間に?!」って言われる。そりゃそうだw

最後はハラハラしつつも、ともみーで〆。勝ちましたよ。QVC、縁起のいい場所になりつつある…のか?
ひさっしぶりの、勝ち越しでもありました。
思えば、一昨年も4月はどん底で、ヨネのグラスラからチームに光が射してきた記憶があるんだよ。
今年も、米野智人からチームが変わるかも知れない。そんな期待を抱いています。

あと、かめちゃんがようやく先発に戻るみたいだしね。
まあ、誰かさんは相変わらずの物言いだけど、とにかく先発に戻れるっていう朗報を喜ぶことにしよう。
あのタオルも、先発で使って悪いってわけじゃないだろうし。

ちゅうわけで、今日は指定席買ってあるのでのんびり行ってきます。
武井さん、大丈夫よ、レオ倒さなくてもw

ブログランキングならblogram にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
posted by まるま at 10:40| Comment(2) | TrackBack(0) | vs.マリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月04日

石川佳純に教わった、諦めないことの大切さ。

もうね、昨日もね、あさむのホームラン以外何にもない試合でね。
そもそも一塁・大崎ってなんなんだ。
あんな不器用な子をいきなりやったこともないポジション守らせるもんだから、もう、見てらんない。
そりゃランサムの送球もそうとう雑でしたから弁解の余地ないのかもだけど、あのくらい、普通のファーストなら捕るだろ?って思ってるかもしれない。ちゃきのことそこまで知ってるわけじゃないだろうし。

ってんで途中から呑み過ぎて、水分取ってなかったもんだから軽く熱中症気味になって(暖かくなるとデーゲームはこれがあるので気をつけないと)、ふらふらと帰宅した後、ほんとはアド街見ようと思ってたら、世界卓球で時間が大幅にズレこんでたので、そのままなんとなく世界卓球女子。日本対オランダ。
今どき珍しいペンホルダー(こんなの)の中国帰化選手、リー・ジャオが、ものすごい気迫で、接戦の末平野早矢香を下したところ。この試合、そのリー・ジャオが一人で2勝稼いでて(しかも石川・平野のツートップがやられてる)、第5ゲームに突入。
世界ランキングでいうと、相手のエールランドは100位だそうだから、ずっとTOP10圏内にいるはずの石川よりはかなり格下。けど「成長著しい」とかで、バックハンドの力強さはかなりのもの。
第1ゲーム、第2ゲームと簡単に石川。
しかし、第3、第4を落として、第5ゲームの序盤、トントンと相手が3ポイント。で、日本がタイムアウトを取る。

最初はなんとなく見始めたのに、その頃にはもう入り込んじゃってて。

石川、ほとんど泣きそうになってた。
平野が、肩を叩いて励ましてる。
そして、気力を振り絞って、そこから立ち直る様は見事だった。
粘って打ち勝ち、サーブを決め、難しいショットも丁寧に決める。
勝った瞬間、涙を流す石川。鳥肌が立った。

若干21歳。
一見はもっと若く見える、小さくてカワイイ女子。
でも、彼女(に限らないけどね、卓球の世界は活躍し始めるの早いし)、何度も何度も修羅場をくぐって、
強い精神力を身につけてる。

自分のような、しょーもない一般人は、ちょっとしたことですぐネガティブになっちゃいます。
ライオンズの昨日みたいな試合見せられちゃうと、あーもうだめ、今季はおしまい、とかすぐ諦めたくなっちゃう。
だけど、プロのアスリートは、それじゃいけないんですよね。
どんな時でも心を折らず、必死で前向いて、戦ってかなきゃなんない。毎日。
そのプレッシャーたるや、私なんかには想像もつきません。

ホントに当たり前のことなんだけど、石川佳純見てて、改めて思ったんだよ。簡単に折れちゃいけないんだな、って。
前向いて、少しでもポジティブになって、貪欲に勝っていかなきゃね。
私らにできることなんてないのかも知れないけど、ほんの少しでも、選手の背中を押せたらいい。

そして、自分の毎日も…ね。

ブログランキングならblogram にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
posted by まるま at 09:41| Comment(0) | TrackBack(1) | vs.マリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月03日

笑顔、笑顔、笑顔! 岸くんノーヒット・ノーランおめでとう!!



パテレの無料動画から。やたら大きいけど、大きい記録だもん、いいよね。

1回は結構荒れてて球数も多くて、何せ前回148球も投げてるし、心配したんだよね。
ところが、2回にはガクンと減り、3回はなんと6球。この辺りからエンジン全開。
4回5回6回は「そーろそろ1本ヒット出てくれないとこわいよー」って気分だった。

7回、ライオンズは2アウト満塁の絶好機も無得点。
怖い、こういう後ってめっちゃ怖い。点差はたった2点。
ノーヒッターって、終わっちゃうとリズム変わっちゃって急に打たれたりするし。
しかし、岸くん、何事もなかったかのような三凡。すごい。すごすぎる。

8回、そろそろお客さんもざわざわしだす。
よく球場で見かける男性がドキドキを表現してる様が何度も映しだされる。

そして、9回。
岡田も、荻野も必死で粘ってた。ハラハラした。
やたらとファーストファールフライが多い日で、この回から守備固めに脇谷。
最後も、ファーストファールフライ。
岸はもうガッツポーズ。
脇谷は、ことさら丁寧にこのボールをキャッチして。

岸くんのあんな笑顔、何時ぶりだろう。
8回位、うえぽんやおかわりさんが笑顔で岸くんと接してて、いいチームだなあ、って思った。
終わった瞬間ベンチから全員が出てきて、全員で祝福。笑顔、笑顔、笑顔!

ずっとずっと、辛い表情ばっかり見てきたから、あのみんなの笑顔がたまんなく嬉しかった。

もちろん、根本的な問題はまるで解決していなかったりするのだけれど。
昨日も2回の2点だけで追加点はさっぱりとれず、クリーンアップはノーヒット。
おかわりさんはともかく、クリとあさむはかなりやばい。
ラジオで、クリについて、田辺コーチの談話として「色々細かい作戦とかあって頭がいっぱいで自分の間が取れてないんじゃないか」的な事を言ってて、こちらも頭を抱えてしまったり。二重にひどい談話だぞこれ。

だけど、だからこそ。
あのみんなの笑顔が、ほんとに、気持よかったんだよね。
なんとか、どうにか、この大きな記録を糧にして、閉塞感を吹き飛ばして、勝ち進んでいってほしい。

真のエースへの道の、第一歩をみせてもらいました。
おめでとう、ありがとう、岸くん。
これからも、素晴らしいピッチングで私達を魅了して下さいね。

さあ、雄星、続けよ!

ブログランキングならblogram にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
posted by まるま at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | vs.マリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月02日

お見事。

ファイターズは前カードで1点ずつしかとれず、打線が最悪の状況でした。
それを綺麗にリハビリするんだから、見事なものです。

レイノルズのピッチング、初めて見ました。
良くもなく悪くもなく、6失点は運にも見放されておりました。
というか、いいピッチングをしてもまるで勝てなかったので、チームに対して疑心暗鬼になってて、精神的に追い詰められてるんじゃないかなという印象でした。
何をしてもどうせ勝てないんだろ?みたいな。
昨日に関しては、典型的な勝てないチームの試合で、誰が悪いっていうのも何もなかったし、何もいうつもりもなかったんですけど。

だれかこいつの口をふさいどいてくれ。

チームが勝てないことを他人ごとのように語り、不運も手伝って勝ててないピッチャーに責任をおっかぶせる。すごいね。感心するわ。
やることなすことすべて裏目に出てるのが全部選手のせいなんだろうな。

おかわりさんの好調が光明なのですが。
昨日のホームランも彼らしい素晴らしいホームランでした。
しかし、反比例するようにクリが一瞬で調子を落としてしまった。何その大波小波。一応昨日ヒットは出たけどさ。
おかわりさんはアベレージヒッターではないので、ランナーがたまってないと勝利に直接貢献は出来ないと思います。
あさむは「まあまあ」な感じに収まってる(好調、とはいえないけど上がってきてる)ので、クリがなんとかなってくれないとなあ。
あと、今のちゃきは、ピッチャーの右左で下げるにはもったいないよなあ。ほんとに好調だもの。

まあ、今日は岸くんだし、ピッチャーは計算できるので、今季久々に好調な成瀬だけども、打線は底を脱してるのだから、なんとかしましょうよ。いつまで待ったら夜が明けるんだ?

ブログランキングならblogram にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
posted by まるま at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | vs.ファイターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月01日

「印象に残る采配」

プロ野球は夢を売る商売です。
それから、勝利を得てこそ理論というのは納得してもらえるものです。

昨日の試合、決して悪い試合ではありませんでした。
大谷一人にやられてる、とか、クリがマークにやられて急降下、とかネガ要素もありましたが、のがみんのピッチングにはらしさが戻りましたし、中郷さんのスイスイピッチングも素敵でした。

そして何より、中村剛也待望の第1号。
その弾道は、誰もが待ちわびた、中村独特の放物線。
停滞してた球場の空気は一気に高まるわけです。

動揺したのか、相手ピッチャー増井はコントロールが全く定まらない。
(まあ、増井が、タイプが全く違うにもかかわらず武田久の劇場癖をそのまま受け継いでる、というのはここではおいておこう)
ストレートで四球を選んだ脇谷のあとの森本にも、まったくコントロールが定まらず、アップアップしてるところにエンドランのサイン…で、とんでもないボール球に手を出さざるを得ないひちょり…。
それでも何とか見切って選んで出塁。1アウト1,2塁。しかし、何時ぶりか判らない位の打席の上本は三振。2アウト。
ここで伊原監督が選んだのは、代打熊代だった。

繋ぐ野球。
確率の野球。
そりゃ、振り回し型のキムよりは、ねばってボールを見切ってくれそうなくましの方が、出塁の可能性は「データ的には」高いんだろう。次のバッターはこちらもしつこいタイプで、しかも只今絶好調の渡辺直人だ。
しかし、くましも、キムも、人間なのだ。
代打を告げられてベンチに下がった後の、痛々しいキムの表情。
もちろん、くましは期待通り粘ってた。カウント3−2。
最後のボールは、その一つ前の見切ったボールとほぼ同じだった。
だけど、振ってしまった。三振。ゲームセット。
もちろん、役割を果たせなかったくましに問題がないとは言わない。何を求められてるかを理解してなかったと言われれば、そのとおりだから。
だけど、「お前が決めろ!」というコールがされる中、ここで、決めてやろうという気持になってしまうのは、まだ若いくましにとって不自然なことではないと思う。
自分の役割を判れ、というのをちゃんと言い聞かせてあったのかも疑問だ。

いや、正直言ってこの試合で一番問題だったのは、4裏、ちゃきがヒットで出た後、相手捕手の悪送球もあってノーアウト三塁まで言ったのに、3・4番が連続三振だったことで、もちろん相手ピッチャー、浦野が良かったこともあったけど、あれじゃ士気が上がりようもなかった、ということだと思う。
だから、9裏だけがどうこう、ではないのだけれど。

どうしても、目立ってしまうんですね。勝てないから。

私は前回の伊原政権を知りませんし、当時の選手たちがどういう傾向だったかも知りません。
だから、前回を知ってる方々が彼を擁護するのにも理由があるんだと思います。それはわかる。
けど、選手だって人間なんですよ。
機械じゃないんだから、確率だけで物事は前に進まない。
事実、オリックスで大失敗してますよね、彼。

なんだかんだ文句言いつつ、自分は渡辺久信の野球に慣れきってたのかもしれません。
ついていけない、というのが正直な気持。
我慢は、本当に4月に終わりますか。
我慢というなら、あなたが動きたいのを我慢していただけませんか。

今すぐやめろ、とは言いません。確率の野球を捨てろとも言いません。
ただ、もう少し、「人の気持」に敏感になって下さい。
選手はあなたの方を見ていますか?


ブログランキングならblogram にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村


続きを読む
posted by まるま at 09:29| Comment(0) | TrackBack(1) | vs.ファイターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。