2014年02月24日

避けてしまう「巨人・片岡」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140224-00000015-dal-base.view-000
盆と正月とクリスマスが、て、大げさな。
でもまあ、新しいチームでバンバンアピールするのは大事ですからね。
オニもアピールできた様子。
あの石頭監督相手に大変だけど、金子金子いうことで、オニへの奮起を促してる感じもなくはないので、さらに上のステージにいってほしいなあ。

ところで、表題の件。
なんかね、ダメなんだよね。ニュースで映りそうになるとチャンネル変えちゃう。
実際に試合を見るようになったら、特に交流戦とかになったら絶対に避けられないんだけど、やっぱり見るの辛い。
何なんだろうこれ。涌井さんがインタ受けつつマエケンとじゃれてるのとかは全然問題なく見れるのに。
いや、移籍したから裏切られたとか思ってないし、頑張ってほしいのよ、ホントに。 

感情てのは、面倒くさいもんです。まったく。

ブログランキングならblogram にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
posted by まるま at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 埼玉西武ライオンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月23日

オープン戦スタート

はじまりましたね。
まあ、最初は勝敗とかどうでもいいんだけど、見た絵が松下くんが打たれたグラスラだけでは何の感想の持ちようもないです。オリンピック終わんないとニュースの枠狭いし、私おっかけんの下手だし。てか、オープン戦始まったらプロ野球ニュース毎日やってよCSさん。
この時期は新しい戦力たっぷりみたいけどなあ。

まあ、スポーツ見るのは基本好きなので、オリンピック見ない訳じゃありませんが、開催国でも深夜って時間にやられちゃどうにもこうにも。
放送権を高く売りつけた国に合わせたとかいう話とかほんとかね? 選手にも負担だと思うんだけど。
そして、やっぱり、採点競技ってもやもやするわ。
予断の入る余地ありすぎるんだもん。
スポーツは、やっぱり白黒はっきりついてくれるのがいいな。

…って、ここまで書いて落ちてた。これだから最近電車で更新出来ないんだよなあ。
まあ、はじまったねえ、という、縁起物更新でした。いつもにもまして内容なくてすみません。

ブログランキングならblogram にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
posted by まるま at 08:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 埼玉西武ライオンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月19日

つれづれに

まるまる二週間ご無沙汰ですもんね。すみません。
宿題終わったら気が抜けちゃったみたい。
思いつくままに書いてみましょう。

オリンピック真っ盛り。
はしゃぐ中畑を鼻で嗤う伊原。
こんなことで遺恨にはならんだろうけど、基本的にいらんこといいですよねこの人。どーでもいいじゃん、よその話なんか。
ちなみに、例のオレンジの血がどうこう、ってのは「指揮官にはジョークも必要」ってことだそうですが、そのジョークとやらで、何人の巨人アレルギー患者が発作起こしたんでしょうね。
判ってないなあって思っちゃうなあ。
私、ナベの時も伊東の時も文句ばっか言ってたような気がするけど、何かもっと文句が多くなりそうだなあ、と、思ってしまう。
まあ、私の言うことなんざ、ファンのエゴ丸出しなワガママなのは判ってますけどね。

今見たニュースから幾つか。
おかわりさん、右脇腹痛める。
ええー、ちょっとちょっと。まあ、大したことではないみたいだけど、ほんとケガは勘弁して下さいよ、ほんと。
パ・リーグの顔として、バレンティン並みを期待されてるんだから。そしてもちろん、チームの顔として存在感示してもらわないと困るんだから。

中島に昇格の可能性も…ってあの、可能性すらないとか困るんですけど。
いや、今年はやってくれると信じたいけどね。本人も、今までにないケガだし、落とされたくないから大丈夫だって言ってたっていうし。去年のあんなの、ナカジじゃないよ。
このままで終わったらやりきれない。
もっとも、この発言、日本のマスコミに聞かれてリップ・サービス、っていう可能性のほうが高いのかな。
がんばれよ、ナカジ。

正直言うと、あんまりマメにキャンプ追っかけてないんですよ。
現実を直視したくない、というのもある。
でも、宮本さんが片岡さんを酷評してたのとか知ってしまうと、ものすごーく複雑な気持になりますね。
まあ、よく一部アンチから、そういうこと言われてたイメージはある。
もっとも、宮本さんあっちもこっちもぶった斬りまくってて、そういうキャラだったのね、って思いますけど。
ヤス本人もどうやら記事読んで凹んでたみたいだけど(ソースは孝典ブログ)、まあ、そういうチームに自分で選んで行ったんだからしょうがない。
平尾ちゃんに淋しいって言ったとかさ。知ってるけどさそういう人だって。
そうそう、やっと、ライオンズファンにメッセージ出しましたね。
twitterとかは違うと思ったって言ってたけど、じゃあ一美が自分の番組で行かなかったらどうしたんだよ、って思う。
まあ文化放送が宮崎に行かないわけはないので、機会を伺ってた、というのはあるかも知れないけど、そんな不確定なこと期待してどうする、とも思うし。
でも、ま、ある程度はすっきりしましたよ。
あの、挑戦云々っていうお約束を聞くと、だーれが入れ知恵してんだよ、とも思うけど。

涌井さんの球速があんまり出てない、って話題も見ましたけど、若い時にも直球130km/h台で勝ちまくってたときがありましたから、それはあんまり気にしなくていいんじゃないかと。
どっかで記事にもなってたけど、やっぱり大迫さんの存在はでかいよ。
涌井さんのほうが、何か素直に頑張ってね、って思えるのは、なんでだろ。
覚悟が違ったからかしら。
直接脅威になるのはこっちなんだけどな。

いなくなった人の話が多くなるのは、積極的に情報を探しに行かないとあんまり話題がないから。
監督方針でゆっくり仕上げてるみたいだから、話題にもなりにくい。
個人的には、かめちゃんのことがすごく気になってる。
監督方針で今年から中、ってのに、納得できてないんだろうなあ、っていう風にどうしても思えてしまう。
土肥ちゃんの例もあるし、こういうのすごい怖い。
中継ぎだって大事な仕事で、そこがここ数年ずっと弱かったのは事実。それを強化したいのはすごくよく判るんだけども、こればっかりは本人が納得してくれないとなあ。

で。
私最近、何故か、移籍組の内野手をやたら応援したいのですね。
直人、オニ、ラブリーの3人が何とか一軍定着出来ないかしら、と思っているのです。
これに、脇谷さんが加わるわけで、一軍争いめっちゃ熾烈。
おそらく、永江きゅんはよっぽどバッティングが向上しない限り上がらないでしょう(そして、打席を多く経験するためにもそのほうがいいと思う)。
まあ、実績から考えてオニは一軍、とは思うけど、こればっかりはねえ。ずっと出てた方がいい人なのかもしれないから、ネコちゃんを一人前にしようとしてる今年の方針からすると結構大変かもしれない。
直人は去年ほとんど出オチ、というか、一瞬だけで終わっちゃった感があるので、ここぞというときにきちんと働けるコンディションを作らないとねえ。ほんと、ずっと見てたい選手なので。
ラブリー、足がまだホントじゃないようで。AJめええええええ(怒
まあ、あれはそういう文化で育ってきてそれが当たり前だと思ってるだろうから、直せと言われる方が訳分からんのだろうなあ。練習試合でもやるくらいだから。これ以上被害者が出ないといいけど。
って、話がそれた。きついと思うけど、戦力になってほしいなあ。いいキャラしてるんだし。

そういえば、脇谷さん子供の頃ライオンズファンだったそうで。
ものすごーくジャイアンツ色の強い選手だったので、そういうイメージ全然ないや。
正直まだちょっとこの人のこと信用しきれてないんで、ほんとかよー、って気持もあるんだけど(ヒドイ)、そういうの聞くと、応援したくなるのもまた人の情ってもんでしょう。
あと、中郷さんのお母さんがライオンズファン、っていう話も好きだw
今日ニュースになってましたね、スモーキー投法。後ろでいいピッチングしてた涌井さんの代わりにきたんですから、後ろでいいピッチングしてもらいましょうよ。

ぐだぐだと書いてるとキリないんですけどね。
そろそろキャンプも最終盤。監督は若いピッチャーがみたいようで、下からずいぶん引っ張ってくる様子。
キャンプはアピール禁止だったけど、いよいよ解禁ってとこでしょうか。
やっぱり野球いいなあ。オリンピックもいいけど、テンションが全然違うなあ。
今もこれ書きながらタイガース対イーグルスの練習試合を見てるわけですよ。
タイガースは若手中心だけど、イーグルスはガチメンツなんですよ。
早くライオンズの試合も見たいよう、ってなっております。
オープン戦の中継どのくらいあるかしら。GAORAは札幌ドームのオープン戦中継するよね?(調べてない奴。ちょうど札幌ドームの時仕事お休みなのです)。
今年は試合がたくさん見られますように。

ブログランキングならblogram にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
posted by まるま at 14:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 埼玉西武ライオンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月05日

【埼玉西武ライオンズ】i believe lions.【回顧企画2013】結果発表その4

10)来期の活躍を期待している選手、この選手をプッシュしたい!と思う選手を教えてください。(何名でも)

さあ、張り切っていきましょう!

第1位 7票
中村剛也

バレンティンの作った記録を塗り替えられるのは彼しかいないでしょう!
唯一無二の日本人スラッガー・中村剛也。
去年のパのホームランキングはアブレイユで31本。球場の差はあるとはいえ、バレンティンの半分ですよ。これは淋しい。あの飛ばないとされたボールで49本を打った男、体調が万全なら、と、思わずにはいられないでしょう。
そして、もちろん、チームの主砲として君臨し優勝まで引っ張っていってもらわないと困ります。楽しみだー!

第2位 6票
菊池雄星

雄星はねー、とにかくケガをしないでほしいよ。いや雄星に限った話じゃないけどさ。
あんな力のあるボール投げられる左腕、そうはいないんだからさ。期待せずにはいられないもの。
そんで、あのおちゃらけキャラがもっともっと野球界全体に浸透すればいいなあと思ってる。もう真面目に見せてたことなんてライオンズファンは思い出せない位だけどw

第3位 4票
西口文也

今年はキャンプもA班。正直最後のチャンスだと思います。
こんなニュースも出てました。
書いた人かなり鉄分高いだろwとか思ったけど、それはともかく、どんな形でも彼が輝いてくれれば幸せです。
あんなにライオンズを愛してる男だもの。最後まで輝いていてほしいと、願わずにはいられないでしょう。

以下、多くの名前が上がりましたので駆け足で。ほんっとに、みんなに、期待してるんだからねっ!

各3票
木村文紀→野手転向2年目。勝負の年。
岡本洋介→去年後半ブレイク。継続を。
橋朋己→今年はクローザーもあるか?
十亀剣→監督は中継ぎ構想も本人は先発志望。果たして。
中崎雄太→弟に追いつけ追い越せ。ファン感だけで目立ってる場合じゃない。

各2票
藤原良平→昨年ファームで最多勝。今年は波をなくして一軍で活躍を。
野上亮磨→先発としてフル稼働できるスタミナをつけて欲しい。
永江恭平→正直、しばらくファームで打撃を磨いて欲しい。
坂田遼→ケガっかりで一度もシーズン通したことないのは大問題。無事是名馬。
大石達也→ほんっと、何とかなってください。ドラいち6球団競合だったんだろ?

各1票
渡辺直人→バックアップにとどまらない活躍を期待。
大崎雄太朗→河田コーチからレギュラー候補として名前が上がっていない。奮起を。
森本稀哲→全盛期は理想的な外野手だった。もう一度輝こう。
佐藤勇→身体も大きくなりボールの威力も増しそう。一軍で見られるか。
金子侑司→先の項目に書いたとおり、スタミナをつけて欲しい。
鬼ア裕司→根性で手に入れたレギュラーを簡単には手放せないはず。
松下建太→まずはブルペン陣として居場所をつくろう。
秋山翔吾→堂々の主力。バッティングの波がなくなれば代表クラス。
栗山巧→キャプテン、今年もよろしくお願いします。
小石博孝→大きく開けられた十亀との差を一気に詰めたいところ。
炭谷銀仁朗→正捕手としてはかなり若い。まだまだ伸びしろはあるはず。

選手名鑑のコメントみたいになりましたけど、ホントは一人ひとりに延々語りたいくらい。名前が挙がらなかった選手にも、もちろん期待してるんだから。

11)ネタ質問

今年もまるまさんの趣味丸出し!行きます! NPBイケメン新人王決定戦

2013NPB新人王資格選手…とまで厳密じゃなくても構いませんが、今年頭角を表したニューイケメンを教えて下さい。何名でも可!


これ、ほんとに私の趣味だけでやってるんで、毎度お付き合いいただき申し訳ないですm(_ _)m
が、基本、ライオンズファン中心のアンケートですので、やっぱり今回は当然

第1位 7票 金子侑司〈画像検索〉

になるよなあ、そりゃ。有力なイケメン新戦力だものねえ。
オフの露出が意外と少なかったなあ、という印象ですが。

で、これ以外に複数票を獲得したのは

第2位 各2票
小川泰弘(スワローズ)〈画像検索〉
則本昂大(イーグルス)〈画像検索〉

の二人。
ライアン小川、言われてみればなかなかの美丈夫かも。美丈夫って言葉今はじめて使った。なんか、イケメンってよりそっちの言葉が似合う気がしたもんで。
則本は、なんかパッと顔が思い出せなかったんで検索かけましたら…こんなイラストが引っかかって、うわ、これだこのイメージだ、ってなりました。ちなみにこの方色んな選手のイラストを描いてらっしゃいます。似てたり似てなかったり色々ですが(すみません)楽しくて見入っちゃった。

で、1票組。
永江恭平〈画像検索〉・佐藤勇〈画像検索〉(ライオンズ)
美馬学〈画像検索〉・森雄大〈画像検索〉(イーグルス)
鈴木大地〈画像検索〉(マリーンズ)
今宮健太〈画像検索〉・山下斐紹〈画像検索〉(ホークス)
駿太〈画像検索〉・海田智行〈画像検索〉(オリックス)
大谷翔平〈画像検索〉(ファイターズ)
三嶋一輝〈画像検索〉(ベイスターズ)
菊池涼介〈画像検索〉(カープ)

いやー様々なタイプが出ましたねえ。
ちなみに、回答者の方がおっしゃってましたけど、いつの間にかオリがイケメン球団になってるよなあ、って私も思いました。
去年名前がでた伊藤くんとか、まごうことなきイケメンだし、岸田くんとかちひろちゃんとか…いいなあ(ボソ
ライオンズでは、かわいいカワイイいっくんがどんな大人の顔になるのかがすごく気になるところです。

※以下、選択制です。
aコース !ライオンズファンの方へ!

12)ライオンズ以外で今シーズン頑張ったと思うチーム・選手を教えてください(各1)。

【チーム】
第1位 9票
東北楽天ゴールデンイーグルス
初優勝おめでとうございます。マーさんの話ばかりされますが、AJ・マギーの力も大きかったし、みんなよく打ちました。そりゃマーさんもすごかったけど、打てなきゃチームは勝てないんだからさ。
しかし、(このチームに限らないけど)今年は戦力が大きく動いてますので、どうなるか判らないですよね。
何かまたすごい外国人獲得したらしいけど。

第2位 4票
広島東洋カープ
16年ぶりにAクラス入りを果たしたカープが第2位。
めでたいことではありますが、これだから、セはつまんないのよ。
もっと各球団の力が拮抗して、わくわくするような展開がないと盛り上がんないじゃん勝負事ってさ。いっつもいっつも同じ球団ばっかり勝ってるんじゃ、応援のしがいないじゃない。そういう意味でも、いい選手が揃ってきた今のカープには頑張って欲しいです。応援すごいよねー。うちのキャプテンびっくりしてたよねー。うちもすごいって言わせたいけど、体力なくて内野にいるおばちゃんには言う資格ないよねえ(話激しく脱線)。

そして、横浜DeNAベイスターズに1票頂きました。
6年ぶりに最下位脱出だそうで。以下カープの項に同じ。
監督より目立つ選手が出てきてほしいものですねえ。いつまでも三浦がエースってのも、違うと思うしねえ。

【選手】
第1位 6票
田中将大(イーグルス)
あまりにも妥当な。24勝0敗1S、なんて、いつの時代の成績ですか。
24勝もすごいけど、0敗ですよ、0敗。考えられん。
そりゃ、日本でやることなんてなくなるよねえ。
ただ、あの性格、アメリカの野球には向いてないような気もします。活躍して欲しいけど、どんなもんかねえ。あと、アメリカにはももクロいないけど大丈夫?w

第2位 各2票
嶋基宏(イーグルス)
金子千尋(オリックス)
その田中を支えチームを勝利に導いた嶋と、田中を抑えて奪三振王に輝いたちひろちゃんが2位。
大体ちひろちゃん、チームがアレだから勝ち星少ないけど防御率2.01なのよ。十分すごいと思うんだけど、マーさんのせいで霞んでるんだよなあ。

以下1票。
則本昂大(イーグルス)
小川泰弘(スワローズ)
新人王の二人。去年はホントにルーキーの当たり年でしたよねえ。
則本はうちがとりにいくって噂もあったんだけどなあ。まあ、まっすーやネコやともみーが来てくれたから全然問題ないんだけど。
2年目のジンクスなんてはねのけた活躍を、一野球ファンとして期待したいものです。もちろん、うちの試合以外でw


13)来期、脅威を感じるチーム、選手を教えてください(各1)

【チーム】
第1位 11票
福岡ソフトバンクホークス
まあ、そらそうよ、としかいいようがない。
もともと苦手なところに持ってきてあの大補強だもんねえ。
福岡でヤフドに通ってるホークスファンて、ライオンズ戦の時鼻歌まじりなんじゃないだろか、みたいなことを思ったりもする。西鉄時代から残ってる人を含む福岡のライオンズファンを思うとなんかもうたまんないものがある。
とにかく、札束に物言わせて勝利を買おうなんてチームに負けたくありませんので、なんとしても今年はこのチームを倒さなきゃなりません。勝とうぜ!

他に、マリーンズファイターズに1票ずつ、あと5球団全部、というご意見がありました。
マリーンズも脅威だなあ、と密かに思っております。なんてったって…。

【選手】
こちらはかなりバラけました。
1位が3票で、金子千尋(オリックス)。今年の成績に加え、本人がFAする気満々らしいとの話もあり、気合が入ってるのではないかという。
いいピッチャーですしねえ。ホークスとかジャイアンツに行っちゃうのはやだなあ。
2位は2票で涌井秀章…。いや、本気でヤバイと思ってますよ私。キャンプ前にかなり絞ったようだし、くどいようだけどあのチームには大迫さんがいますから。大迫さんがライオンズにいたのは2011年まで。もっとも2011年は二軍でしたけど、それでも身近にいるのといないのとではずいぶん違うはず。2012年からの成績ががくんと落ちたのも、無関係ではないはずですよ、絶対。
以下1票なんですが、サファテ(ホークス)ヘルマン(オリックス)が上がっております。頼りになった分敵に回したら脅威。サファテ、西武ドームのマウンドは合わなかったようだけど、間の悪いことに直しちゃったんだよなあれ。
他には天敵・攝津正(ホークス)、復活したら恐ろしい馬原孝浩(オリックス)、主砲に成長しつつある中田翔、ブレイクの気配を感じる西川遥輝(以上ファイターズ)の名前が上がりました。田中将大の去就がまだはっきりしなかったので、残るのかなあ、と気にしてる方もいらっしゃいましたが、残んなかったのでこれは対象外ってことで。


bコース !ライオンズ以外のチームのファンの方へ!

14)あなたはどのチームのファンですか?

今回はファイターズファンベイスターズファン、各1名にご参加いただきました。ありがとうございました。


15)来期のライオンズの脅威度を数字にすると、何%くらい?

70%とと85%。
理由はそれぞれをご覧いただければと。
正直、今年はまずホークスが…ってのが、ホークス以外のパ5球団の思いでしょうねえ。
こういうときって案外勝てそうな気がしてるのは私だけでしょうかw


という訳で、今回の企画結果発表は以上になります。
球界再編の頃から続いてきたこの手の企画、まさかうちが最後になるとは思いませんでしたねえ…。
SNSが発展してTB文化が廃れていき、まあ、時代の流れといえばそれまでですが、やっぱり寂しさを感じます。
こうやって年に一度振り返るのって楽しいと思うんですけどねえ…。
正直来年がどうなってるかまるで判りませんけど、またやったら、お付き合いいただけますでしょうか?
良かったら構ってやってください。
参加者の皆さん、読んでくださった皆さん、本当にありがとうございました。


ブログランキングならblogram にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
posted by まるま at 19:08| Comment(7) | TrackBack(0) | 回顧企画2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【埼玉西武ライオンズ】i believe lions.【回顧企画2013】結果発表その3

更新頻度下がってるんだし、小分けにして更新すりゃいいのにって自分でも思うけど、多分あと数日は仕事が忙しいし、そうでなくても仕事があって父親がいる日は一緒にごはん食べないと行けないので時間が取りにくいのですよ。ので、なるべく宿題は今日のうちに済ませたいなと。んでは、続きを。

7)今シーズンのライオンズMVPと優秀選手は?(トータルで3名くらいでお願いします)

MVPは過去最高の文句なし受賞。

浅村栄斗選手に決定しました!!!

満票でした。他の選手が一人も上がらなかったのって多分史上初。
おめでとうございます!

優秀選手は…
岸孝之投手!
エステバン・ヘルマン選手!
でした。おめでとうございます、
異論のある方はいらっしゃらないと思います。
ああ、ヘルマン…(涙

なお、以下、鬼崎・菊池(各4)、秋山・牧田(各2)、橋・野上・栗山・炭谷・岡本洋(各1)、でした。


8)新星、と呼べた選手がいたら、名前を挙げてください。

第1位 12票
橋朋己

紅白見てたら、TLがみんなで、ともみーともみーともみーともみーべーいべー♪だったよ。
最初は力みもあったのかやらかしまくってたともみーだけど、慣れたら、これ以上ない中継ぎとして、何度も何度も涙モノのなガッツポーズを見せてくれた。もう、この曲、ともみーにしか聞こえない。

第2位 7票
岡本洋介

え?あれ?ええ?って言ってるうちに、しっかり存在感を見せつけた洋介が2位。そらそうよ。なんかいるかも、位の認識だった子が、誰よりも強い心でのし上がったんだから。
ここで止まっちゃダメだぜ洋介。もっともっと見せろよ洋介。

第3位 6票
増田達至

ある時期、彼がいなかったら、チームは回らなかった。
キャンプで躓いてダメなのかと思ってたのに、デビューしたらめっちゃ頑張って、想定以上に戦力になってしまったがゆえ途中で息切れしてしまった。
今は故障してて辛いらしいけど、しっかり治して、帰ってくるんだぞ。

第4位 4票
金子侑司

半ばで失速さえしなければなあ…。
線の細さを自覚して、体力をつけてください。そしたら、怖いものないから。片中クラスのスターになることを、監督も期待しているみたいだよ。

第5位 各2票
松下建太
永江恭平

長い長いリハビリを経て、ついに一軍のマウンドに登った松下建太。かなり変則的なフォームで面白いですよね。なんか最近、早大のイメージがアレなことになってるし、まずは彼からブレイクしてほしいもの。
永江くんの初ホームランは生で見ました。え?え?えええええ?!ってなっちゃったごめん。
守備は何の問題もないと思うんで、とにかく打てるようになってほしい。まだまだ若いんだもん。弟子入りしてた宮本のように、しぶとい選手になってほしいなあ。
松下くんも永江くんもたしかに存在を示した瞬間がありましたが、ブレイクしたとはまだまだ言えない。さらなる飛躍を。

以下1票。順不同。
鬼ア裕司
木村文紀
岩尾利弘

ここで懺悔しなければならないのですが、私、岩尾くんの下の名前が思い出せず、球団の名鑑から探そうとして背番号が判らず、ないない…とかやってしまいました。ごめんなさい。こういう困ったおばさんでも覚えられるくらいの活躍をよろしくおねがいしますよ岩尾くん。
オニは、ライオンズでは上の方の年齢なのでこの項ではあまり名前が上がりませんでしたが、ここまでの項目で分かる通り、活躍はいうまでもないですね。
そして、野手転向1年未満(だったよね?)で初ホームランを叩き込んだキム。期待値上がりますよねえ。


9)片岡選手と涌井選手に言いたいことがあったらどーぞ。

念のため注釈入れたけど、入れなくても良かったかな、と思ったりもして(苦笑
涌井のFAは正直複数年を断った時点で予想ができていたことでしたが、片岡のFAは寝耳に水、という方がほとんどじゃないかと思います。
故に、ショックだったし、私なんかは未だに受け入れがたいものを感じています。でも、活躍できなかったらそれはそれで腹立つんだよなあ。ジャイアンツのセカンドに片岡以上の人材なんかいる訳ないだろ、って、本気で思ってるし。
ここはぜひ皆様のお言葉を直接読んで頂きたいです。
アンケート期間中、涌井の去就がなかなかはっきりしなかったこともあり、複雑な皆様の気持がひしひし伝わってくる内容になっています。
あと、涌井さんはメッセージを残してくれましたが(すでに消えてしまっているのでまとめサイトにリンク)、片岡さんは何もなし、なのはちょっとさみしかったよ…。

さ、気分を変えるため、一旦切りましょう。

ブログランキングならblogram にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
posted by まるま at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧企画2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【埼玉西武ライオンズ】i believe lions.【回顧企画2013】結果発表その2

4)今シーズンもっとも印象に残った勝利は?

吉例に従いここからはカウントアップで。表記のないものは西武ドームの試合です。

第1位 5票
10/3 vs.ホークス
さんざっぱやられてたホークスに引導を渡した試合。
競り合いを制したところに意味がありますよね。こういう試合をやってほしいな、いつも。
そして、この試合を決めたホームランが非常におかわりさんっぽいホームランで、ああいうホームランを今年はいっぱいみたい、と思わせてくれます。

第2位 各2票
8/7 vs.ファイターズ
あそこで3ラン打っちゃうウチの4番は間違いなくすごいんだけど、それよっかどーしても、あの大将こと武田久さんの炎上っぷりがすさまじかったことの方が印象に残ってしまうという。現地にいたら、たまったもんじゃないぞどっちのファンでも。

9/25 vs.イーグルス
イーグルス優勝目前の3連戦の2戦目。
クリが危険球食らったり、あさむが足踏まれたり、ナベが何度も抗議にいったり、と不穏な感じ満載な試合でしたから、負けてたらほんっと空気悪かっただろうな、と。
ただ、あの頃はもう、そう簡単には負けない、っていう空気があったよね。

以下1票、日付順。

5/28 vs.ベイスターズ(横浜スタジアム)
公式動画ってないのかな? 見当たらないのでライオンズ公式の1球速報にリンク。
キムの打者転向後初ホーマーと雄星のプロ入り初ヒット。

6/1 vs.スワローズ
岸くんが好投してたんだけど、バレンティンにやられてしまって試合が振り出し。最後はキレる系クローザー・バーネットからサヨナラ。

6/2 vs.ジャイアンツ
あえてヒロインの動画を。勝ってベンチから出てくる際、渡辺監督が空を見上げていたのが強く印象に残っています。相馬さんに捧げた勝利。

6/12 vs.ドラゴンズ
雄星ノーノー未遂。近いうちに達成してほしいなあ。

6/21 vs.オリックス
カーター、も少しやれると思いましたがねえ…。
この時球場ほんっと盛り上がったなあ。

8/18 vs.イーグルス
大乱戦をサヨナラで制した試合。これ、日曜日の17時スタートで、今の仕事を始めてた私は当然見れないと思ってたのが、最後うちで見てたもんなあ。嬉しかったけど嶋をエライ心配した記憶があります。

9/23 vs.オリックス(京セラドーム大阪)
延長11回を制す。どうでもいいけど、このダイジェスト原ちゃん特集みたいになってんな…。同点タイムリーまでてとどめてくれてありがとう?

9/24 vs.イーグルス
わたくしが挙げた試合。去年観戦に行った中で一番楽しかったかな。

10/5 vs.イーグルス(Kスタ宮城(※当時))
CS出場を決めた試合。やっぱりおかわりさんのホームランは美しい。

イーグルス戦多いなあ。勝ち越してたのになあ…。


5)今シーズンもっとも印象に残った敗戦(もしくは引き分け試合)は?

こっちは球団公式にリンク貼りましょね。

第1位 4票
9/26 vs.イーグルス
言わずと知れたイーグルス優勝決定試合。田中に全部持って行かれましたねえ…。
あと、悪名高きミヤギテレビバックスクリーン裏侵入事件もこの時。正直ちょっと恨んでる。

第2位 各2票
6/23 .vsオリックス

あらためて動画見たけど…ひどい試合だよなあこれ。ぐったりするわ。

9/28 vs.ホークス(ヤフオクドーム)
どうして?どうしてなんだ!? という、ライオンズファンの悲鳴が聞こえてきそうな…。よくぞ、この苦しみから立ち上がってくれました。
ほんっと、どうにかしようぜ、これ。

10/12 vs.マリーンズ(クライマックスシリーズ1st第1戦)
仕事だったこともあり、このCS全然見られなかったんですが…。
あの8連勝で、燃え尽きちゃったかなあ、と、この結果聞いた時思っちゃって。
洋介の好投(第2戦)はあったけど、あんまり面白みのないCS1stになってしまったのかな、と。

以下1票、こちらも日付順。

5/3 .vs.ホークス(ヤフオクドーム)
いいところまでいってても、結局勝てないというヤフドに顕著なパターン。事実、ビジターでのこのカード、実に2勝9敗1分。

5/18 vs.ジャイアンツ(東京ドーム)
あさむがやらかしてサヨナラ負けを食らった試合。この後からファーストが増えていく。

6/13 vs.ドラゴンズ
こちらも同じく、あさむのやらかしで決勝点を与えて負けた試合。ただし、4番浅村のきっかけになった試合でもある。

6/27 vs.イーグルス
何か、このチームとは妙な因縁が出来てしまったような。監督変わってそういうところは変わってほしいもんだけど。

9/1 vs.オリックス
黄金時代のユニフォームで西口さんが1回持たずにKO、という、オールドファンを悲しみに突き落とした試合。

9/11 vs.ホークス(ヤフオクドーム)
これは、今年はもう上がれない、Bクラスだ…と殆どの人が心折れた試合だったんじゃないかと思う。この時点でその後の展開が読めてたらエスパーですよ。

10/14 .vsマリーンズ(CS1st第3戦)
何かいつもと違う空気が流れていたらしいこの試合。
平常心でいられなかったことも、敗因だったのかもしれません。
いつもチームをAクラスにしてくれたけど、優勝は最初しか出来なかった事実。
まあ、ともあれ、渡辺監督お疲れ様でした。

あと、「甲子園以西で負けた試合全部」という方が。
オリックスにこそ7勝5敗ですが…(あ、正確な位置関係把握してないので「以西」じゃないのかも)
タイガースに0勝2敗、カープに0勝2敗、ホークスに2勝9敗1分け。
うわああああああああーーーー(走って逃げる


6)試合以外でライオンズに関して起きた出来事で印象的だったものを教えてください。

第1位 5票
サーベラス問題

チームの存続に関わる話ですから当然なのですが、結局何がホントで何が嘘なのかわからないまま、というのが、私の印象でした。
チームがなくならず、所沢にいてくれるのは本当にありがたいのですが、資金面を考えると、もっとお金のある会社に…ってうっかり思ってしまったりもして、複雑です。

第2位 各4票
ドラフト、大阪桐蔭森友哉を単独1位指名

噂はあったものの、単独指名できるとは思ってなかったのは私だけでしょうか。キャッチャーってホントに大事なポジション。そこに、将来性のある森くんが入ってくれたことはありがたいです。きっちり育ってくれよー。

片岡・涌井FA。
単独にコーナーを設けていますのでそこで。

第4位 3票
カラス対鳩

理屈を言ってもしょうがない話なので、もう一度(私の回答の時も貼った)動画見ていただきましょう。
この日現地にいたけど、すごかったからほんとに。



これ、実況解説は気がついてないけど、46秒の時に羽落ちてきてて客大騒ぎなの、この動画見るとわかると思う。

第5位 各2票
渡辺監督辞任

1つの時代が終わりましたねえ。散々ひどいこと言ってきたわたくしですが、やめてみると、彼の功績ってあったなあ、って思うっていう、困ったバカです。ごめんなさい。
あの自由な気風から、風紀委員チックな伊原さんに変わって、選手がどう適応していくか、は、ある意味、注目ポイントですね。

セグウェイ
石井一久は偉大な選手で、そのキャリアの最後をライオンズで締めてくれて、感動してたんですが…

 

現地でしたけど、思わず口に出たわ「セグウェイ?!」って。
後輩に慕われてみんな泣いてるのに、そんな空気をあっという間に覆す一久。他にないキャラ。ある意味格好いいです。

以下1票。
クリス・カーター復帰。起爆剤になってくれると信じてたんですが…。
高山久←→川崎雄介トレード。久はグラディーに参加できたりして結構存在感示せたと思うんだけど、川崎は…。
「winwin」。思った以上に浸透しましたね、これ。ただ、考案者はいなくなっちゃったし、監督そういうの好きじゃなさそうだし、で、今年はどうなるのか…。
岸・中村の長期契約。多少の犠牲を強いてでも、彼らを守りたかった。だから、彼らにも、その思いに応えて欲しい。

一旦切ります。まだまだ続くよ。


ブログランキングならblogram にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
posted by まるま at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧企画2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【埼玉西武ライオンズ】i believe lions.【回顧企画2013】結果発表その1

大変長らくお待たせいたしました。ようやく、発表できます。
前回は集計の大失敗をやらかしたんですが、今回もないとは限らないので、不審に思われた方はすぐにお知らせください。
なお、例によってコメントは私の独断で、投票者の方のご意見とは異なります。よろしければこちらを見て頂いて、それぞれのブログをじっくり読んでいただければ幸いです。結構そうそうたるメンツですし。
あと、私が他の球団をチーム名で呼んでいるのにオリックスだけ企業名なのは「わざと」です。
初めてご参加していただいた方もいらっしゃるので、念のため。
また、選手名は基本的に順不同です。

1)今シーズン活躍したと思うライオンズの投手は?(人数問わず)

混沌としましたね。このへんが、勝ちきれなかった原因のなのかしら。

第11位 1票
デニス・サファテ

あら、1票とは意外。ダメダメ継投陣を救った一人だと思うのですが。
やっぱり、西武ドームでの被弾の印象が強いんでしょうか。
クローザーであるにもかかわらず、勝利数がチーム同率3位の9勝だもんなあ。
苦手西武ドームから離れる来年は脅威ですよいやほんと。

第8位 各2票
増田達至
ランディ・ウィリアムス
野上亮磨

まっすーは、出てきてすぐ中継ぎで活躍。しかし終盤でやや失速。でもルーキーとしては申し分ない働きでした。今思えばあの頃から肩に疲労がきてたのか…? 負担のかからない方法があるといいのだけれど。
ランディーは2年目もセットアッパーとして頑張ってくれました。終盤捉えられたときもありましたし、年齢的なこともあり少し不安な部分はありますが、彼にかかる期待は今年も大きい。
のがみんは…良かったんですけどねえ。二桁勝ってるんですがねえ。確かに頑張ってくれましたですけど、どうにも失速→中継ぎ行きのイメージが…。完投もまだないし、今年はイニングが食えて星を重ねられる先発になっていただきたいです。

第7位 3票
涌井秀章

終盤怒涛の連投でライオンズを2位に押し上げた貢献者の一人であることは間違いありません。
詳しくは後述。

第6位 6票
十亀剣

1年間きちんとローテを守ったかめちゃんが6位。きちんと投げられたってことは重要ですよ、これ。
もうすっかりローテの顔…と思っていたんですが。
そりゃ、中をやってもきちんとこなしてくれるピッチャーではありますが、本人は先発志望。果たして。

第5位 7票
牧田和久

こちらも1年間働いてくれた牧やん。
前年より数字は落としているんですが、どうにも、勝ち星に恵まれなかったこともあるような。
そして、WBCで抑えをやってたことも影響したのか、後半はやや息切れもあったような。
今年からは選手会長。責任が増しました。なかじもクリも経験できなかったビールかけの乾杯音頭、やらせてあげたいよ、ほんと。

第3位 各8票
岡本洋介
橋朋己

シーズン後半突如覚醒してローテ入りを果たし、CSではただ一人完璧なピッチングで勝利を手にした洋介。ほんとにびっくりしましたよ。あのピッチングを今年もできれば本物。真価の問われる1年になりそうです。
そしてともみん。いやもう終盤すごかった。鳥肌の立つような三振を連発してた。鮮烈な印象でした。いや、ストッパーあるかもよ。

第2位 10票
菊池雄星

シーズン途中で離脱したにもかかわらず、この票数。
前半戦の彼の活躍がいかにファンの心に響いたか、そしてどれだけ待望されていたのががよく判る結果ですよね。
それだけに、故障を隠していた…というと語弊があるか、故障に鈍いというのがあまりにも惜しい。
ぜひ、1年間とおして投げられる形を追求していただきたいものです。

第1位 12票
岸孝之

出遅れ感と息切れ感もありましたけど、間違いなく1年間投手陣の大黒柱であり続けた結果がこの数字。
彼以上に結果を残しているピッチャーはいないのですから当然でしょう。

ただ…あくまで主観ですが。
エースというには、今ひとつひ弱な感じが否めない。
例えば圧倒的な存在感を示した松坂大輔のライオンズ最終年は17勝5敗防御率2.13。涌井秀章は2009年の16勝6敗防御率2.30がキャリアハイ、2007年も17勝10敗防御率2.79という数字を残してる。
これに比べると岸は勝ち星の最高が13(2009年)、防御率の最高は2.45だけど、この年はいわゆる飛ばないボールだった2012年で、しかも負け越してる。
私のようなひねくれ者にも「岸くんがうちのエースだ!」と言わせるような、圧倒的な活躍を、ぜひ。


2)今シーズン活躍したと思うライオンズの野手は?(人数問わず)

こちらは、極めて明快でした。

第8位 各1票
炭谷銀仁朗
金子侑司

正捕手銀と新星ねこ。
問題の多かった投手陣を必死で引っ張った銀。
打撃にも糸口が見えていたように思うのだけれども、投手陣のことばっかり考えてた結果覚醒できなかった感が強いなあ、と。彼の頑張りを認めて上げないのは不当だな、とここ数年毎度思ってますが…、難しいね。
ネコのデビューはたしかにすごかった。いきなり外野守らされた、っていうむちゃくちゃぶりなのに、どえらく頑張ってた。でも、そこまでの無茶がいつまでも続くわけはなかったねえ…。

第7位 2票
坂田遼

スタートダッシュの功労者だけに、謎盗塁からのケガがもったいなさすぎ。ケガが治った後に迷走してたのも辛かった。けど、前半戦はほんとに、この子が6番当たりでこの感じでいてくれたらこのチームつええわ、って思ったよね。

第5位 3票
片岡治大
栗山巧

片栗5位。
ケガがあまりにも多すぎて、本人か首脳陣かわからないけども、復帰に異様に慎重になっていた感があるヤス。
そしてそのことが、実はこのオフの衝撃につながったのではないかと、勝手に思ったりしているんだけどもそれはおいといて、正直、おかわりさんが戻ってきた時よりも、ヤスが戻ってきた時のほうが、チームががはっきり「スイッチ入った!」んだよね。その功績を認めないのはさすがにちょっと。
そして、正直大幅に成績を落としているのだけれどもそれでもここにクリの名前が上がってくるのは、選手会長&キャプテンっていう責任を背負い、片栗中中と言われた主力の中でたった一人になってしまった中、必死でチームを引っ張り続けたことが伝わってきてるからだと思う。
選手会長は牧やんになったけど、キャプテンマークは今年もクリの胸に。でも、肩書がなくても、この人がまとめなければチームが形にならないのは間違いないのです。

第4位 4票
秋山翔吾

どんなときでも全力守備でチームを救ってくれるセンター。ほんとうに頼りになるのでここに名前が上がるのも納得なのだけれども、ホントにもったいないのが調子の波の激しさ。
打撃でも、守備並みの信頼感を得られる、先代秋山を凌駕する存在になって欲しいものです。

第3位 7票
鬼崎裕司

なかじが抜けてどうなるんだ?って思われてたショートの守備位置。気がついたら、この根性男ががっちり定位置をキープしてました。
この、スワからやってきた、どっちかっていうと地味な方にいる男がこの位置に来ることが出来たのは、堅実な守備と必死な打撃のたまもの。彼が9番で何度いいチャンスメイクとかいい得点とかを見せてくれたことか。
監督が変わってこの根性な外様をどう扱うかすごく気になるけど、何もかにもを蹴散らして、定位置をがっつりキープできたら、オニかっこええぞ。

第2位 9票
エステバン・ヘルマン

最高出塁率のタイトルを取ったヘルマンが2位。納得の順位。
そもそも、ヤスがケガしたときにフォローとして連れてきたこの人、日本の野球にうまーくマッチしたんだよね。
外国人らしからぬ、選球眼とか、大きいのは打たないけど堅実なバッティングとか。ああ、惜しい人を亡くした(殺すなよ
敵に回すの、脅威ですよねえ。

第1位 15票
浅村栄斗

惜しい!
満票に及ばず!!
とはいえ、彼を認めないライオンズファンはいませんよ。後述。


3)今シーズンこの人が頑張れば、もっと楽に勝てたのに!と思う選手は?(投手・野手問わず0〜3名くらい)

複雑な、あまりにも、複雑な。

第10位 各1票
星孝典控えキャッチャーとしても物足りない
菊池雄星→ケガは隠しちゃだめ
永江恭平→打てなさすぎ
野上亮磨→2桁勝ったはずなのに安定感がなし
松永浩典→ケガがなければ中継ぎの柱になれたかも
岡本篤志→「西武の中継ぎ」がネタになる理由を今でも背負わされる男。ほんとはケガもあるんだけど。
金子侑司→飛ばしすぎて失速
岸孝之→波ありすぎ
栗山巧→打撃成績物足りない
牧田和久→星足りない

一皮むけて欲しい選手はもちろん、活躍した、といってもいい選手も名前が上がってます。
つまり、ハードルが高いんですね。もっともっとやってもらわないと、っていうね。

第8位 2票
石井一久
上本達之

一久…もうやめなきゃならんほどになってしまうとは、私も思ってませんでした…。お疲れ様でした。うるうるした瞬間にセグウェイ言われて涙ひっこんだもの、いい思い出になります。ライオンズに来てくれて、ありがとう。
んで、うえぽん…。代打の切り札としてやってもらわないかんかったのに、まるっきり打てない日々。これは辛い。キャッチャーとしても第二捕手の座を後から来た孝典に奪われてる状況。
何とかしないと。長所伸ばさないと!
年齢的にも正念場だよ。

第5位 3票
ホセ・オーティズ
ライアン・スピルボーグス
西口文也


「ヘルマンを除く外国人全般」なんてご意見もあったので、それを入れるとまた変わるんですが…主砲不在に悩まされたシーズンの象徴なオーティズとスピリーだったわけで。
まあ、お陰であさむが開花した、とも言えなくはないけど、チームとしてはこのへんの活躍がなかったのは、たしかに痛かった。

西口さんは…にしぐちさんわあああああああんんんんん(T_T)
ほんとに、もうダメなの? いや、そんなことないから今年も契約したんだよね?まだ勝てるよね??ね???

第3位 各4票
中村剛也
片岡治大

…この二人を「頑張っていなかった」と評することはできないですよね。
単純に怪我による長期離脱。
しかし…あの終盤の怒涛の追い上げを思うに、彼らがいれば、もっとずっと勝ち星を積み重ねることが出来たのに…と、どうしても思ってしまうファンは多いことでしょう。
私の持論をここでもう一回。
ケガは仕方がないけれど、ケガは絶対してはいけない、プロならば。

第2位 6票
大石達也
いや、あの…後ろが片岡中村ですよ?
1位は…想像できますよね?
そういう人に挟まれて、さしたる実績もない大石達也がここにいる。
いかに、彼が期待されていて、その期待に応えられていないというのがよく判るじゃないですか。
ね、達也、きみ、同級生となあなあつるんでる場合じゃないんだって。

第1位 9票
涌井秀章

18番を背負ったこの男が、自力で立ち直って先発ローテでバリバリ勝ってくれることを、どれだけの人が願っていたことでしょう。
みんな、ワクがあの頃のようになってくれることを願ってけど、かなわなかった。それは、終盤の抑えとしての活躍では、相殺できないのでした。
だって、涌井は、エースだったんだから。

1回目はここまで。なるべく早く次もあげます。


ブログランキングならblogram にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
posted by まるま at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧企画2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月01日

球春到来!

皆様、球春あけましておめでとうございます(一回目)。
いよいよキャンプイン。今年は土曜日ということもあり、早速現地に向かう人、朝からテレビやら動画やらにかじりつく人(まあライオンズはそういうのに恵まれないけど)、様々かと思います。うらやま。
私はと言えば、仕事忙しいのでスポーツニュースも満足に負えない感じ。やんなるわー。昨日すぽるとで、おかわりさんが(コメントが?)今日調子悪いわーなんて言ってたのはみたけど。あと、某チームの友達が欲しい新戦力とかね。あの人ネタで言ってるんじゃなくてマジだからなあ。

マイナーで苦しんでる中島さんも渡米。
一昨日のすぽると見ましたけど、なんていうか、笑ってるんだけど笑ってない、みたいな感じでした。いや、勝手にこっちがそう思ってるだけかもだけど。思ってる以上にケガ引きずってたんだなあ。
なかじならやれる、そう信じてますよ。あの弾けるような笑顔がまた見られますように。

赤田さんは今年はファームスタート。ま、判ってるベテランには良くあること。焦らず、開幕に間に合えばいいなあと。
今年は鎌ヶ谷のオープン戦ないのね。

伊原さんは、相変わらず風紀委員っぷり全開。
まあ、そのやり方でどこまでいけるか、お手並み拝見だな。

ブログランキングならblogram にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
posted by まるま at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球よもやま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする