2012年01月31日

【埼玉西武ライオンズ】最下位からの挑戦からの挑戦!【回顧企画2011】 集計結果発表!その3

ラストまで一気に!


6)試合以外でライオンズに関して起きた出来事で印象的だったものを教えてください

ランキングって感じでもないので…
一番多かったのはやっぱりミンチェFAでした。青天の霹靂、とはまさにあのこと。FA資格選手の扱いって、むずかしいですよね…。
あと、ナカジポスティングを含む移動の多さ。募集期間中はナカジが残留するなんて誰も思ってませんでしたからねえ…。ややこしや。

以下箇条書します。
・涌井熱愛騒動
・地震による影響
・ブルペンでミンチェ負傷
・平尾結婚
・片岡負傷離脱
・工藤引退
・シーズン途中のトレードの多さ
・小野寺移籍
・初めて育成ドラフト枠を利用
・ライオンズ・クラシック(豊田さんこれからもお元気でいて下さい)
・アニメクレヨンしんちゃんにて中島の代打にしんちゃん
・オリックスとの因縁騒動

あと、特筆しておきたいのが
「小6の長男が11月のファン感(ファンフェスタ)でモノマネ大会に出場した事」というお話
記事にリンクしておきますね。球団公式動画にも残ってる、西口さんのものまねをした少年が息子さんだそうです。素晴らしい!

7)今期のライオンズMVPと優秀選手は?(トータルで3名くらいでお願いします)

だかだかだかだかだかだかだかだか………だん!

MVPは中村剛也選手(6票)でした!おめでとうございます。
なお、中村選手は「優秀選手」カテゴリでも8票を集めております!
他、西口(4)牧田(2)ミンチェ、栗山(各1)でした。

優秀選手は中村以外で…だかだかだかだかだかだかだかだか………だん!
牧田和久選手(7票)でした!おめでとうございます。
以下、西口(6)栗山(5)ミンチェ(1)でした。

8)新星、と呼べた選手がいたら、名前を挙げてください。


第1位 秋山翔吾 12票
よく「記録よりも記憶に残る」などという言い方をしますが、あっきーはそういった選手だったかも知れません。
バッティングは平凡な数字だし、守備力はあるけど肩におごって無茶な返球をしたこともあったし、まだまだこれからだと思います。
しかし、「センター秋山」というインパクトだけでない、印象に残るプレーをたくさん見せてくれています。特に10.18の彼のプレーはライオンズファンの心に強く残っていることと思います。ライオンズの秋山といえば秋山翔吾なんだと言われるようなプレイヤーになってほしい。この得票には、ファンの夢が詰まっています。

第2位 牧田和久 5票
新人王を獲得した牧やんの票が、ここで伸びなかった理由。
彼は、確かに新人だったんですが、ファンにとっては「新星」という期待も含んだ存在ではなく、堂々たる「主力」であったことにあります。
2年目にかかる期待も、2年目選手にかかるそれではありません。やってもらわなければ困る。牧田和久はそういう選手なのです。

第3位 熊代聖人 4票
上位2名のインパクトが強かったためのこの順位ですが、新人としては十分な活躍だったと思います。
スイッチに挑戦するとのこと。ライオンズのスイッチの外野手…胸熱…(私情丸出し)。

第4位 浅村栄斗 3票
2012シーズンはルーキー当たり年だったこともあり、前シーズンから試合に出ていたあさむの票はここでは伸びませんでした。というか、去年の1位ですしね。十分、期待に応えたんじゃないですかね。
ナカジ残留で微妙な立場だけど、がんばれよう。

以下1票。
原拓也、藤原良平、菊池雄星、斉藤彰吾、星孝典
ここでは良平に触れましょうかね。さり気なく結果も残してるんですよ。
地道に使ったら結構戦力になるんじゃないかと思うんですが、どうですか監督。


9)ライオンズの危機?! 選手流出が懸念されています。戦力維持のための手段として、重要なことは何だと思いますか?

ミンチェFAで衝撃を受けて思わず設けた項目ですが、その後、おかわりさん3年契約とかナカジ残留とか、色々事情が変わりました…まあ、ナカジはまた来年出るんでしょうが…。
基本的には、現有戦力の底上げや新人発掘という意見が多かったですね。確かに過去のライオンズはそうやって勝ってきているわけですから。
次に、フロントとの意思疎通が上手く行ってるのか懸念する声もありました。ただし、これについては残留選手全員一発更改、中村大型契約など、「変わってきてる」面を垣間見ている感もありますね。
他、そうはいっても補強は必要だし、設備面ももう少し何とかしたほうがいいし、ファンもあんまり目先ばっかり考えず長い目でチームを愛していこう、という意見もありました。


10)来期の活躍を期待している選手、この選手をプッシュしたい!と思う選手を教えてください。(何名でも)

今年も全選手ライオンズ名鑑にリンク。

第1位 菊池雄星 10位
初先発の予告出た時の歓声すごかったなあ。球場にいると、雄星に対する期待の大きさを肌で感じます。少しずつ、才能の片鱗を見せ始めた2012シーズンでしたし、ほんと、がんばれよう。

第2位 大石達也 8票
雄星同様、ドラフトで大きな期待を背負ったにもかかわらず故障もあって1年目はさっぱり。それゆえ2年目はやってもらわないと困る、と誰もが思ってます。まして、雄星と違って大卒な訳だし。
大学時代の圧倒的な存在感をぜひ見せて欲しい。潜在的にはどの「仲間」より、力持ってるはずなんだから。※今すぽるとで見たらかなり絞れてた!期待しちゃうよ!

第3位 小石博孝浅村栄斗 各5票
あるぇ〜? 募集期間中はまだ小石きゅんそこまでネタキャラ発動してなかったはずなのになあw
って、別にネタを期待されてるわけじゃなくてw、都市対抗決勝で、ドラ1カメちゃんを凌ぐ好投を見せたことが大きいんだと思います。変則フォーム、1年目はそこそこやれるけど…っていう懸念もありますが(涙)、ホントに期待してるのよ。頑張ってね。
あさむについてはやっぱり「ナカジの穴をきっちり埋めて」って期待が大きかったんだと思うんですが、ちょっと状況が変わりましたね。本来、ショートが一番うまい子なんですが、去年みたいに外野守備やらされてひきずられて欝網も何だか…とかやなんだよなあ。あさむ本人には、くどいようですが、中島さんを追い越す気概を見せて欲しいものです。

第5位 斉藤彰吾 3票
さいとぅーは足に期待がかかる選手。監督が足のスペシャリストを熱望してるわけで、そこに彼のチャンスはめっちゃあるわけです。せっかくの長所生かさにゃ嘘だよ。
プロになった年の教育リーグでホームラン見たりとか、平野んと一緒だったエライ寂しい東武動物公園のトークショー見たりとか、何かと縁のある選手でもあるし、頑張ってほしいなあ。

第6位 片岡易之 2票
ヤスは…やってもらわないと困る選手ではあるですが、まず、ケガをしっかり治すことが最優先。焦って去年みたいになっても困るわけだし。
パーフェクトな体になれば、日本で3本の指に入るセカンド、のはずです。完璧なヤスが見たいんだよ。ヒョイってスライディングして塁取っちゃって欲しいんだよ。待ってるぜヤス。

以下、各1票。みんな期待してるぜ。
星孝典木村文紀田代将太郎熊代聖人松永浩典マイケル武隈祥太栗山巧中村剛也涌井秀章岸孝之十亀剣

11)ネタ質問
ちょっと趣向を変えて。NPBイケメン新人王決定戦!
2011NPB新人王資格選手…とまで厳密じゃなくても構いませんが、今年頭角を表したニューイケメンを教えて下さい。何名でも可!

今年もgoogle画像検索結果にリンク。サクサク行きますね。

第1位 藤村大介(G)3票
第2位 伊志嶺翔大(M)、杉谷拳士(F)、伊藤光(Bs)各2票
第5位 林崎遼星孝典(L)、斎藤佑樹(F)、駿太(Bs)、永井怜(E)、伊藤準規(D)各1票

藤村、さすが「読者が選ぶ2011プロ野球aiグランプリ」第1位だけのことはありますな。日本で一番有名なチームで盗塁王取った、あのチームでは珍しい正統派アイドルフェイスだもんなあ。
2位は個性派揃い。伊志嶺は南国顔の典型ですね。杉谷はキャラの印象が強すぎるんですが、言われてみれば整ってる…の、か?w そして伊藤光は正統派イケメン。いやこりゃマジで整ってる!
1票組。最近第二あんまり行ってないんで判んないんですが、林崎くんには結構黄色い声が飛んでるとのこと。あたしの孝典は(あたしのっていうな)当然イケメンですが、プロ入ってからは長いんだよな、前のチームでは出番少なかったけど。そうはいってもやっぱり斎藤佑樹整ってるよねといわれればまあそのとおり。駿太かわいいたしかにかわいい。永井はE生え抜きでは確かに整ってる方なんだけど、友達に似てるせいかイマイチピンとこなかったりしてw 伊藤準規…おお、確かにかわゆす!(←知らなかったらしい)

以上、自己満足コーナーでしたw


※以下、選択制です。
aコース !ライオンズファンの方へ!
12)ライオンズ以外で今期頑張ったと思うチーム・選手を教えてください(各1)。
《チーム》
第1位 福岡ソフトバンクホークス 5票
第2位 東京ヤクルトスワローズ 3票
第3位 中日ドラゴンズ 2票

多くの回答に「注」がついてる感じでした。
「ホークスは『頑張った』というより、『強かった』。」。
他球団を挙げた方も、ホークスは強かったけど頑張ったといえば…といった傾向でした。
完全優勝を果たしたホークス。アジアシリーズこそ落としてしまいましたが、圧倒的な戦力で敵をなぎ倒していった感があります。
もっとも、そのホークスも大幅にメンバーが変わります。
どんなペナントになるんでしょうね。

《選手》
第1位 田中将大(E)2票
以下1票 松田宣浩・本多雄一・ファルケンボーグ・内川聖一・森福允彦(以上H)・浅尾拓也(D)・中田翔(F)
勝利、防御率、勝率、完投数、完封数、無四死球試合がトップで沢村賞の田中まーさんがトップなのは当然なんですが、これはほぼ差とはいえない。
バラけましたねえ。
けど、ホークスの選手がほとんど。
昨年ライオンズがいかにホークスを苦手にしていたかが、この結果でもわかろうというものです…。今年は何とかして欲しいよ。

13)来期、脅威を感じるチーム、選手を教えてください(各1)
《チーム》
第1位 福岡ソフトバンクホークス 5票
第2位 オリックス・バファローズ 4票
第3位 千葉ロッテマリーンズ 1票

そんなわけで、ホークスがやはりトップなわけですが、ほぼ互角の票を集めたのは、昨年は得意としていたオリックスでした。
各球団が主力を手放さざるを得なかった中、目立った戦力ダウンもなく補強も着実に行っているオリックスに対しては警戒を強める向きが多いです。

《選手》
第1位 田中将大(E) 3票
以下1票 帆足和幸・細川亨・金沢健人、明石健志、福田秀平(H)、金子千尋、赤田将吾(Bs)

自分で1人つっといて3人答えてるバカは私ですごめんなさいごめんなさい。
進化し続けるマーさんは確かに脅威なんですが、彼、西武ドームは苦手としてるイメージです。
どうかそのまま苦手で居続けて他球場で活躍していただければと(ど本音)。
以下、チーム編で脅威だと言われたところの選手ばかり。要警戒!

bコース !ライオンズ以外のチームのファンの方へ!
14)あなたはどのチームのファンですか?
北海道日本ハムファイターズ 2名
横浜DeNAベイスターズ 1名

ご参加ありがとうございました。「DeNA」が某チームにおける「ゴールデン」的な扱いになりますように

15)来期のライオンズの脅威度を数字にすると、何%くらい?
平均85%
社交辞令もあるのかもですが(すみません)、比較的高い数字に思えます。
シーズンが始まって「200%怖い!」って言われるようチームになるべく、応援も頑張って行きたいです。はい。

という訳で現実的な時間は日付変更線越えてしまいましたが、ここまで一応1月31日のエントリということでお許しをm(_ _)m

さあ、球春到来!
新しいシーズン、素晴らしい戦いを期待していこうじゃありませんか。

球春あけましておめでとうございます! 今年もよろしくお願いします!!
posted by まるま at 23:59| Comment(9) | TrackBack(0) | 2011回顧企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【埼玉西武ライオンズ】最下位からの挑戦からの挑戦!【回顧企画2011】 集計結果発表!その2

さて、攻守交替?

4)今期もっとも印象に残った勝利は?

ここからは上位からご紹介。

第1位 10.18at西武ドーム vs.ファイターズ 7票
最後の最後でCS進出を決めた、鳥肌が立つような試合でした。
9回1アウト満塁の大ピンチで、代打糸井が告げられてからあっきーがキャッチするまでの時間の、何と長かったことか…。

第2位 8.28at西武ドーム vs.ファイターズ 3票
「完投無し記録を続けていきたい」などと嘯いていた西口さんの、6年ぶりの完投勝利。9回表は、まるで完全試合でもするかのような大声援でした。鳥肌立ったなあ。ちょっとうるっと来たなあ。

第3位 4.12at札幌ドーム vs.ファイターズ 2票
開幕戦であのダルビッシュをメッタ打ちにした試合。なんだったんだろうあれは。お互い何があったんだろう。
ダルさんの昨年度の防御率は1.44だったわけですが、あの試合がなかったら間違いなく田中マーさんを上回っていたわけで…

以下1票。
5.5at西武ドーム vs.マリーンズ
本拠地初勝利。ロード続きで負けが混んでて、ホームに帰ってきても勝てなくて、やっと勝ってほっとして。

9.9at京セラドーム大阪 vs.オリックス
2011シーズン、エース格の働きをした寺原を相手に綺麗な勝ち方をして、先に希望も持たせた試合。
実際、ホークスに相性が良かったオリさんにうちが相性よく勝てたことは、去年CSに滑り込めた大きな要因だと思います。

10.30at.札幌ドーム vs.ファイターズ(クライマックスシリーズ1stステージ第2戦)
この試合は、なんといっても石井一久炎のリリーフ、でしょう。冗談じゃなく格好良かった。
そら、日本シリーズの森福も格好良かったのかもしらんけど、あの時の一久は負けてないと思うなあ。


5)今期もっとも印象に残った敗戦(もしくは引き分け試合)は?

第1位 10.16at.西武ドーム vs.ホークス
敗色濃厚、これで負けたら全てが終わり、というところを9回2アウトの土壇場で追いついた奇跡のゲーム。そして、同点の興奮さめやらぬまま、あさむのやたらあっさりしたセンターフライで、何がなんだか解んなくなった試合。
あの終わった瞬間の混乱は忘れられません。

第2位 11.5at福岡 Yahoo! JAPAN ドーム(クライマックスシリーズ2nd第3戦)
涙の杉内涙の涌井。レギュラーシーズン、エースとしては納得のいくピッチングが出来なかった二人が、おそらく2012年最高のピッチングをしたにもかかわらず、ともに勝つことが出来なかった試合。これ以上ない投手戦でした。
もう一回、「ホークスの」杉内とああいう試合をやって、そして勝ちたかったな。

第3位 5.20at西武ドーム vs.ドラゴンズ 2票
9回表に、6点取られて、負けました…。
サエキはんが男前になっちゃうのをまさかライオンズ戦で生で見るとはなあ…。

以下1票。
7.17at札幌ドーム vs.ファイターズ
ハンカチさんにやられちゃった試合。私もテレビで見てて正直うんざりしましたが。ああいうかわすタイプ、苦手なのかもね。

8.14at京セラドーム大阪 vs.オリックス
牧やんが同点で登板して、スンちゃんにサヨナラ2ラン食らった試合…。
そりゃ現地で見てたらたまらんだろうなあ…。

8.21at QVCマリンフィールド vs.マリーンズ
これも牧やんがサヨナラ食らった試合。
このオフ、牧やんが、この試合で西口さんに励ましてもらったことが糧になったと、色んなところで話しています。

9.3at西武ドーム vs.ホークス
苦手意識をさらけ出したどうしようもない試合。
何であんなやられ方しますかねえ。

10.17at.QVCマリンフィールド vs.マリーンズ
ヒットは出ても点にならない、ジリジリした試合。
大事な試合と思いすぎて、あまり得意でない球場で、硬くなってたんでしょうか。
牧やん炎の3イニングリリーフに泣きそうになりながら、明日やばくないかこれ、と思ってましたねえ。

それからどったの?(古すぎる)
posted by まるま at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011回顧企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【埼玉西武ライオンズ】最下位からの挑戦からの挑戦!【回顧企画2011】 集計結果発表!その1

お断り。人数を指定している項目もあるのですが、基本的に上がった選手は全てカウントしています。せっかくですので…。

1)今期活躍したと思うライオンズの投手は?(0名でも構いません)

名前が出たのは4人。うち3人に集中…。

第4位 岡本篤志 1票
終盤、頼りになりましたよね、彼。

第3位 ミンチェ 11票
苦しい時に彼がいたから、なんとかあそこまでいけたのです。中継ぎの弱さを指摘され続けてるライオンズの救世主でした。
……ヽ(`Д´)ノウワァァァン!!

第2位 西口文也 13票
どっちになるかな、と思ってましたが…。
シーズン当初は、予告先発で彼の名前がコールされるとなんとも言えない空気になったものですが、だんだん、だんだん、期待値が上がってきて、最後は誰よりも頼りになる先発ピッチャーになっていたという…。

第1位 牧田和久 14票
満票。先発からスタートして、チーム事情で抑えに回され、振り回されながらも仕事をし続けた彼は、27歳とはいえルーキーだったんです。
よくぞ酷使に耐えてくれました。シーズンオフも酷使されててちょっと心配ですけど…。
本当に、ライオンズに来てくれてありがとう。新人王おめでとう。


2)今期活躍したと思うライオンズの野手は?(0名でも構いません)

第8位 星孝典 1票
彼の頑張りはもっともっと評価されていいと思う。きてくれてありがとう。

第5位 中島裕之・原拓也・秋山翔吾 各2票
キャプテンだったナカジが2票っていうのは意外。求められてたものが高いんでしょうね。まあ、微妙な感情もあったのかも知れません。
はらたくはたらく。ヤスの穴を彼のやり方で埋めてくれてたと思いますが、最後はプレッシャーに苦しんでた感もあります。飛躍に期待。
あっきーについては後述。

第4位 ホセ・フェルナンデス 3票
正直、途中まではぜんっぜんだめで無気力プレーも目立っていたんですが、終盤の脅威の追い込みには貢献しましたね。なぜか北海道と福岡のスタンプを押さないままに2周目に入ったスタンプラリー(M→L→E→Bs→L→E)に出かけて行ってしまいました。

第3位 浅村栄斗 4票
初めての通年出場で大波に揺れたシーズンでしたが、最後にバッティングが戻って明るい2012年に期待が持てたものです。
ナカジ残留で彼がどうなるか気になるところですが、最初から「中島さんがいるから」ってならずに、貪欲にショートのポジションを狙って行って欲しいと思います。

第2位 栗山巧 10票
片岡離脱の中打順をいじられたり、肘にねずみを抱えたり、と多難なシーズンであったにもかかわらず、フルイニング出場、統一球の中で3割キープと、これ以上ない立派な成績。

第1位 中村剛也 13票
あの投高打低のシーズンで48本で本塁打王っていうのは、やっぱり強烈なインパクトを残しましたよね。
オフも1人でテレビに出まくり。楽しいシーズンオフを過ごさせてもらいました。
そして次はやっぱり「55」、そして背番号の「60」。夢は膨らみますね。


3)今期この人が頑張れば、もっと楽に勝てたのに!と思う選手は?(投手・野手問わず0〜3名くらい)

9位 ホセ・フェルナンデス、ディー・ブラウン、星野智樹、G.G.佐藤 各1票
ホセは前述のとおり。ブラウンは完全に失速してシーズン途中で売買。星野はワンポイントファーボーラーなんて言われちゃってましたね。G.G.…行き先、見つかるといいけど。

5位 銀仁朗、藤田太陽、平野将光、石井一久 各2票
昨シーズンの話なので「銀仁朗」で。
ホントか嘘か知りませんが、日本シリーズでSB和田が内川に「谷繁を銀仁朗だと思って打て」みたいな話をしたとかしないとかって話がネットに落ちてましたなあ…。
タイタイは満身創痍みたいだけど…もう1回輝いてもらいたい選手。
平野ん…。成績さえ良ければ、ナカジしのげるくらいモッテモテだろうになあ。
一久は年齢的にも正念場。CSでの素晴らしいピッチングもありましたが…。

4位 高山久 3票
一昨年大ブレークしたにも関わらず、すっかり影が薄くなってしまった感。統一球、なんでしょうかねえ…。
所沢音頭で歓喜したいライオンズファンは多いはず。今一度の奮起を。

3位 片岡易之 6票
ケガ以前にシーズン当初の大不振もありましたからねえ…。もっとも、あれも、去年のケガが完治してないままやってたせいじゃ…って話もありますけど。
とにかく、ケガを治すこと。無理して出てきて去年の二の舞じゃしょうがないんで。万全になって、本多に正々堂々勝負挑まんと。
9月の快進撃には貢献したと思いますよ。

んで、1位2位はまとめて。
第2位 岸孝之 10票
第1位 涌井秀章 11票

岸→8勝9敗防御率3.80。
涌井→9勝12敗防御率2.93。
二人合わせて17勝。それを1人で勝たなきゃいけないくらいの立場な人達です。
終盤には少し明かりが見えてきていました。多分合わなかった統一球にも少しはなじんてきたんじゃなかろうかと。
ワク、ダルにだいぶ差をつけられちゃったよ。少しは根性入れないと。きみだって世界で戦えるピッチャーにならないと。
岸くん、同期の田中マーがエライことになってきてるよ。歳も上なんだし、頑張んないと。

いったんしーえむでーす(古
posted by まるま at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011回顧企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【埼玉西武ライオンズ】最下位からの挑戦からの挑戦!【回顧企画2011】 集計結果発表!その0

いよいよ明日からキャンプイン。この時期は野球ファンにとってももっとも希望に満ちあふれた楽しい時間かも知れませんね。

しかし、その前に宿題を済ませなければなりません。


埼玉西武ライオンズ回顧企画2011、今年は13名の方にご参加頂きました。
seesaaとlivedoorの相性が悪く、トラックバックができないという現象が起きていたりしますので、ここで、改めて参加者の皆さんをご紹介させて頂きます。リンクは参加記事に貼ってあります。ご参加ありがとうございました。

【参加者(順不同・敬称略)】
あ ら っ ち 日 記
ライオンズと片岡易之選手を正座して応援するブログ
にわか日ハムファンのブログ
トトロの森の球場で…。
とことこ話
野球について知ったこと
GLORY DAYS
いらっしゃいませ あずきの部屋
日々妄言
LOVE LIONS 〜獅子達の進撃〜
れおすぽ!
通りすがったレオ党(コメント欄)

野良猫の皮を被ったライオン

ひとびと−ライオンズver.


では、次エントリから集計結果発表です。
posted by まるま at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011回顧企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月24日

ダルさんのこと。

唐突ですが。
私の中に棲んでる、「冗談みたいな理想のピッチャー的漫画とか小説の主人公」ってのがあるんです。
防御率は、そうだなあ、出会い頭ホームランとかあるから0点台はキツイし、1点台かな。
ストレートは普通に150km/h超えて。
あらゆる変化球を持ってて。
顔スタイルがいいのは当然。
若いころちょっとやんちゃしてて、でも今はひたすら野球にストイック。
ファンのこともそれなりにちゃんと考えてて、でも野球人として一番のサービスが何かもきちんと理解してる。

そーんなやつ、物語の主人公にしても現実味なくてボツだろうけど、そういうパーフェクトな奴が、色々悩んで苦悩する物語がいいなあっていう。
まあ、私野球漫画とか小説とかうっかり手を出しちゃうと洒落になんないくらいハマりそうなんで手を出さないようにしてるんですけどね。

で、ある日ふと思ったのです。「あれ、それって、ダルじゃね?」って。

埼玉西武ライオンズと、オリックス赤田将吾のファンである自分にとって、ダルビッシュ有は、ずっと敵でしかなかった訳ですが、今こうして、彼が日本を離れることになってみて、喪失感が半端ない。
特にメジャーに思い入れがあった訳でもない彼を引き止めておけない日本球界に、寂しさを感じずにはいられないのです。
それは、つまり、日本にもう彼の闘争心をかき立てるものがない、ということなのだから。

誰を責めるわけでなないという前提で…。
ふと、思い出したのが、このやり取りでした。すっごい探しちゃった。

「打ちに来てくださいよ(笑)」

このときは、皆が皆、ネタで喋ってるし、ダルビッシュさんもほぼネタで返してるんだと思うんですけど、でも、ほんとに、ほんとにちょっとだけ、ダルさんはほんとに寂しかったのかも知れない、と、今日の記者会見を見て思ったのでした。

何ブログかよく判んなくなってきましたが。

ダルさん本人にとっては、夢なんかじゃない、ステップアップの舞台。
けど、見ている私達には、夢です。
日本から巣立った彼が、世界一の投手になってくれることが。
心から期待しています。本当に。
posted by まるま at 23:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月19日

夢なんかじゃない

仕様もないたとえ話なのですが。

スゴくかっこいいと評判なインポートブランドのスーツ。
みんな憧れて着たがるんだけど、ブカブカでみっともなかったり、妙にお高い店員が売ってくれなかったり。

そんな中、お気に入りのスーツがどうしても合わなくなって、色々探した結果、見つかったスーツが、そのブランドのものだったから、まずは着てみようかな…。

というのが、ダルビッシュ有移籍に対する私の印象です。

活躍して欲しい、と、心から願っています。
posted by まるま at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月17日

ドキッ!ネタだらけの新人自主トレ大会!!

…年齢が如実に現れてるタイトルだなあ。

新人合同自主トレが始まってもう結構経つわけですが。
大迫さんが引き抜かれてしまったので(涙)、おなじみ競輪トレがなさそうでちょっと残念(マリーンズでやるとかやらないとか…)ですが、今年の新人ちゃん、中々どうして色んなネタを提供してくれてます。

まずは、真面目そうに見えるドラ1カメちゃん(※本日のライオンズチャンネルで「カメとかカメちゃんとか呼んで欲しい」とのことだったので)。
「初心を忘れないために車掌帽持参」なんてことが記事に なったりしてたんだけど、これが、一美の話によると、会社のもんだから返せと言われたらしい。
案外おっちょこちょいっていうかw けど、その位、JR東日本もけちんないであげればいいのに、と思うわたくしであった。

あと、本物の雑草魂が現れましたよ。駒月仁人くん。
西武ドラ3駒月、雑草食べて主砲になる

おもしろすぎるんですけど。
まあ、山ん中だし、雑草には事欠かないから、モリモリ食べればいんじゃない?w

そして、なんつっても、乙女心炸裂小石きゅん。
ドラ2・小石、ナインのためにケーキ作る…西武
西武D2・小石、歓喜の五七五「考えます」
監督がーとか、照れ隠しにきまってるよねうふふ(悪い顔
いつも楽しませていただいてるsevenmaniaさんのブログによると、何かえらくテンション高いらしくw、ピッチングを期待するのは当然の上で、上乗せでネタでも楽しませてくれんじゃないかと期待が高鳴るわけですw

さて、他の子のネタはまだかなー?w

歳のせいなのか単純に距離が遠くなったせいなのか、練習見に行く足が重くなってるのを感じます。
でも、こんな面白い子たちなら1回くらい行こうかなあ。
チャンスは次の日曜だけど…飲み疲れてる可能性が…(とほほ
例年、教育リーグも1試合は見てるので今年も行くつもりです。あれ、日程ってまだ出てないのかな。

いずれにしても、ネタが楽しいのはもちろん、皆活躍してくれたら、嬉しいなあ。
posted by まるま at 00:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 埼玉西武ライオンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月10日

ナカジの笑顔には誰もかなわない。

あけましておめでとうございます!

…っておそっ!! 今まで何してたんや!!
ほんっと、すみません。
本当に遅ればせながら、今年もよろしくお願いいたします。

さて、今日の大きなニュースといえば、まずはホークスからの人的補償は求めない、という話ですかね。(リンクはスポニチ)
この件については、松中信彦選手がプロテクトリストから外れている、という話が、松中選手の代理人から出てきてしまい、取る取らないで議論が起こりました。
個人的には取ったら面白いなあ、と思ってましたけど、どうもそんな気さらっさらなかったっぽい。
現場としては、いざというときに使いにくい選手は、いらないんだろうなっていうのを感じたりもしたし、
実際、お金もかかるし、まあ、妥当なのかも。

なんせ、ナカジが帰ってきたからね。(リンクはLions@YouTube)
自分は聞けなかったんですけどLEX@QRでもう少し詳しい内容を放送してたようです。
斉藤一美アナウンサーのツイートをリンクしつつ引用。

中島裕之選手は現状維持の年俸でサイン。ヤンキースとの交渉決裂後、すぐに栗山巧選手から「また一緒にやりましょうね」と電話があったそうです。「これからはクリがキャプテン。僕がサポートする」とキッパリ言い切る姿に胸が熱くなりました。

「金額は別にナンボでもよかった。試合にあまり出られない、という話だったけど、普通はジーターやAロッドと一緒に練習したくてもできないわけだし、バックアップ要員でも構わないと思っていたけど…」(中島裕之。続く)

「代理人はヤンキースから、二年目以降は球団から提示された契約に従わなければいけない、と言われた。来年は交渉の余地がないということ。足元を見られたような条件で米国に行くなら、あと一年我慢して色々なチームから話を聞くべき…と諭されて納得した」(中島裕之。続く)

「NYまで行って契約できなかったけどすぐに…しゃあない。旅行に来たと思っとこ…と気持ちを切り替えたwww 代理人は僕が落ち込んでると感じたみたいで、色々な観光名所に連れて行ってくれた。別に大丈夫やったのにwww」(中島裕之。続く)

「とにかく、今年はまだそのタイミングではなかったのかな。ファンの皆さんはどんな声援をいただけるか分からないが、日本一になるために一生懸命に…そして周りを気にせずに伸び伸びとやるつもり」(中島裕之)。連続打率3割も途切れたことで少し気楽になったようです。


…とのこと。
リザーブ契約で6年間こちらから何も言えない、というのは、殆ど奴隷契約に等しい、ってのは言いすぎかしら。
やる気のないサラリーマンじゃあるまいし、油の乗り切った30代を無為に過ごしちゃいかんもの。
相手まったく譲る気ないってんなら、仕方ないでしょうね。
こうなったら、ナカジが向こうに行く気をなくす位の応援をしたい…難しいけど。
スパッとした割り切り方はいかにもナカジで、この精神力があるなら、どんな逆境も何とかするでしょう。
思えば、150号に届かなかったのは、もう一年こっちでやれよ、っていう思し召しだったかもね。

あと。
あさむ、ナカジが帰ってきたからって、ショート諦めたらいかんよ。
あの中島さんからショート奪うくらいの気持で、必死になってやるんだぜ。

***

年末年始は飲み会三昧でした。ライオンズ関係のも多かったです。
素敵な出来事もたくさんありました。
みなさんありがとう。

あと、昨日、こんなのやってて、Twitterめっちゃもりあがった。
オマリーって人がこんなにクローズアップされたの、現役引退以来初めてじゃないだろうか。
それなりに、楽しい年末年始でした。

***

回顧企画をどういう風に着地させるかは思案中です。
今までと同じか違う形になるかはまだ未定ですが、何らかの形でまとめたいとは思っています。
ご参加ありがとうございました。
posted by まるま at 23:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 埼玉西武ライオンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。